家計管理 節約


どうも夫です。
至る所に懐事情を公開するような雑誌やサイトがありますよね。このサイトもそれに近いものがあるかもしれませんが、それらのサイトが人気があるのもお金に関してはみんな秘密主義なので自分の家計の進捗確認する意味でも重宝されているのではないでしょうか。
今回はその多くの雑誌やサイトで公開される情報にあなた自身が振り回されないために書かせてもらいます。

節約雑誌・サイトで見つけたこんな記事


『3年で1,000万円貯めました!』
えぇ~!3年で1,000万円も貯められるってスゴイな!って思っちゃいますでしょ?でもこの人の書いた記事を見ていくと少なくても月収100万円くらいあるみたいですね。年収1,200万円です。3年で1,000万円ですから、333万円/年。貯蓄率でみると28%弱なんで普通レベルです。ただ単に収入が高いだけ。大してスゴイことじゃありませんよ。

『年収200万円で4人家族』
年収200万円で4人家族が生活できるんだからどんな節約術なんだろうって思いますよね。でもですね、公開されてる家計簿を見ると住居費が超低額なんですね。4人で住む家の住居費がそんな金額?って思ってしまうくらい… そこには何かしらのカラクリが隠れているはずですよ、たぶん。社宅だったり、頭金をふんだんに投入していたりですね。
さらに旦那さんのお小遣いが1万円なんです。これじゃあ、弁当と水筒を持参して出勤、会社内でのつき合いはまずできない水準です。だって、330円/日ですからね。だから、旦那さんも仕事が続かなくなるんでしょうね。

『10年で総資産3,000万円』
ん??それってこのサイトじゃないの…(笑)
以前の記事『資産3,000万円の詳細って知りたいですか…』でも書かせてもらいましたが、わが家の資産のうち半分を占めるのが“不動産”です。不動産の買い方が上手くいったために、3,000万円という資産を所有できているのがわが家のカラクリです。これがマイホームを買ったばかりで、査定額がローン残高を下回り不動産が負債になってしまっていたら資産なんて持てていないと思います。例えば総額4,500万円で買った戸建てをすぐに査定に出しても3,000万円~3,500万円。ローン残高が4,500万円だとすると少なくても1,000万円のマイナス資産なわけですね、不動産というものはそんなものです。
そんな中、わが家では家計改善して住宅ローンを効率よく返済していくことで現在の資産状況を作れたこともウソではありませんので、その上手くいけたことをお伝えしたいと考えているわけです。

家計管理や節約術に特別な方法はない


効率的な節約術や家計管理をしたいと思うからこそ、雑誌や他人の公開しているサイトを読み漁ってしまいますが、その中に書かれていることだけを真に受けてどこの誰だかも知らない人を信じきってしまうのはあまりにも危険ですね。ただ、それらの情報にはあなたの家計を改善するためのコツやアドバイスが含まれています。その記事どおりに行動するのではなく、情報を咀嚼してあなたの栄養となるものだけを吸収すればいいことなんです。

「隣の芝生は青く見える」ことは何事においても当たり前のこと。上手に家計管理できているように見えている家庭でも実際の中身をみると問題が散見されるはずです。意識して節約に励んでいる家計であればどの家庭も同じくらいの家計管理ができていると思いますよ。


こういった家計管理をお手伝いするサイトは多くありますが、その人がうまくいっていたり、失敗していたりする原因を見つけることも家計管理能力を向上させるためには有効な思考です。情報の中にはまったくのフィクションで記事ごとに辻褄が合っていないサイトも少なくありません。「そんな家計管理の考え方もあるんだな」という程度で読みながら参考にしてもらえれば良いと思います。ボクがアドバイスしたことで家計状況が一転して貯蓄体質になり、現在はある程度の資産を築けている友人がいたことも確かですからね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ