貯金 生活コスト 金持ち


どうも夫です。
ボクの勤務先に貯金ができなくて困っている同僚がいます。彼とボクとは社内の格も同レベルなので給料もほぼ同水準だと思います。彼の奥さんもフルタイムで働いているので世帯収入も似たような感じなのではないかと勝手にボクは推測しています。なのに、なぜ彼の家庭では貯金ができないのでしょうか?
今回は同じ収入だとしても“貯金ができる家庭”“貯金のできない家庭”がある原因を解明したいと思います。

金持ちの真髄… メリハリのあるお金の使い方


『金持ちはケチだ』 …これってよく言われることですよね。でも実際にそうなのでしょうか??結論から言うと“金持ちの金の使い方はメリハリがある”というのが正解だと思います。

冒頭に書いた同僚とボクの違いはなんなのでしょうか。
恐らく、我が家では節約する費目については徹底的に節約しているからではないかと思います。我が家のように節約に励んで毎月20万円で生活できる生活スタイルを確立している家庭と共働きで財布も別々、特に家計管理に徹しているわけでもないために毎月40万円は生活費として消費している家庭であれば、結果として残るお金に大きな違いが現れてしまいますよね。

金持ちはケチなのではなく、金持ちはお金を有効に使うことに長けているのではないでしょうか。継続的に発生する固定費を徹底的に削減することで普段の生活コストを低く抑えてしまえば、自然とお金の残る家計体質に変わっていくわけですね。

生活コストが安い家庭の特徴


我が家を例にしましたが“貯蓄体質の家庭”では共通のことがあると思います。それは、毎月の生活にほぼ定額で消費している『生活コスト』が必要最小限で維持されているということです。

生活コストとは“住居費”“食費”“水道光熱費”“通信費”などといった毎月決まってほぼ定額を支払っている費目を合計したもの。今までの記事の通り我が家では可能な限りこれらの固定費を削減することで、現在は17万円程度で収まっています。もし、この先住宅ローンが無くなれば7万円で生活できるということですね。

必要以上の節約はしないけれども、無駄な出費を徹底的に削減することで生活コストをグッと低く抑えることができているということですね。

生活コストが高い家庭の特徴


では、逆に生活コストが高い家庭の特徴をピックアップしてみたいと思いますが、同僚の家庭を例にチェックしていこうと思います。

まず、彼の家庭では共働きであるもののお金の管理は夫婦別々。食費や外食費は奥さん。賃貸住宅の家賃や水道光熱費、通信費は夫である同僚が負担しているそうです。そして、お互いが毎月5万円を貯金して残りは自由なんだそうです。羨ましすぎますね…

彼の給料30万円から、家賃の13万と水道光熱費・通信費の4万円、そして貯金の5万円を差し引いた8万円が彼の自由なお金になります。さらに奥さんにおいては、少なく見積もっても手取り20万円の給料から食費で4万円、外食費で2万円、貯金で5万円を準備したとしても、9万円が自由になります。確実に自由なお金の比率が高すぎますね。夫婦で毎月17万円がお小遣いなわけですからね。

要するに、生活コストが高い家庭というのはお小遣いのような“使途不明金”の割合が格段に高くなっているはずです。いかにこの使途不明金を削減できるかが重要になるわけですね。


いかがですか。
貯金のできる家庭は生活コストが低く抑えられているということです。無駄に対して常にチェックして一つひとつ改善すること。そして、家計の財布をひとつにして使途不明金をいかに減らせるかがポイントではないでしょうか。毎月3万円を削減できたとすれば、30年で1,080万円になります。今を楽しく自由に生活することも大事ですが、その中の3万円を将来にとっておくことさえできれば結果的に1,000万円以上も変わってきます。今も大事だけれども将来も大事なことです。ぜひ将来を見据えた家計管理を行なってくださいね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ