教育費 公立中高一貫校 都立 中学生 受検 受験



こんにちは、☆のっち☆です。
以前の記事『進学先で教育費がこんなに違う!|わが家の中学受験が終わりました…』でも書かせていただきましたが、この4月から息子が中学生になりました。進学する学校も私立ではなかったので親の私としても入学準備の出費を甘く見ていたんですが、公立中学校へ進学するとなってもそれなりの出費がありましたので、みなさんの参考にと記事にさせていただきますね。

都立中高一貫校の入学費用


息子が運よく入学することを許された都立中高一貫校の入学費用は「10万円」でした。
といっても、中学教育は義務教育ですので公立である限り基本的に教育に関わる費用は無料ですよね。お金がかかってくるのは「給食代」「副教材」「校外学習費」「生徒会費」「PTA費」などになります。

では、わが家が払った10万円はなんなのかというと、それらの前払い金という位置づけのようです。入学当初は口座の引き落としが間に合わないとか、入学前に副教材などを各自へ納品するなどのためかもしれませんね。どちらにしても、入学金というものではなく給食費などを半年分前払いしますといったものになるそうです。

学校へ払うお金だけじゃない!入学時に金欠になる要因とは…


今回、油断しまくっていたわが家を襲った金欠の要因はいろいろと複雑なんです。それがなんなのかというと具体的には「制服代」「旅行代」「外食費」です。

制服代以外は「ん??」と思われるようなものかもしれませんが、それがそうとも言い切れない、いろいろ絡み合って出費を避けることができないものなんですよね。一つ一つ見ていきますね。

「制服代」は地元の中学校へ入学する場合でも必要になる費用ですよね。この制服代って一言で言っても単に制服だけではなく、指定の体操着、ジャージ、上履き、カバンに加えて、通学に使うコートやカバン、通学靴、運動靴など。わが家ではすべて揃えて10万円以上かかりました。

「旅行代」「外食費」については、わが家は中学受験をさせましたので受験をがんばった息子へのご褒美としてのものです。小学6年生はずいぶんしっかりとしてきますがまだまだ子供です。そんな子供が遊びたい気持ちを封印し約2年間勉強漬けの毎日だったのですから、「受験が終わったら〇〇行こうね」「焼肉を好きなだけ食べさせてあげるからね」って言っていたんですよね。これらにかかる費用も約10万円です。

学資保険を請求しました…


学校へ払う10万円、制服代で10万円、ご褒美に10万円です。 公立の中学校でも、入学前のこのタイミングで約30万円が必要だということですね。私立中学校へも視野に入れて受験させていたので家計を管理する夫もそれなりの覚悟はしていたと思うんですが、公立へ行くとなったら「お金はかからない」って油断したようです。

想定外にお金が出ていく状況を感じた夫は“学資保険”を請求して金欠対策を行ったようです。
もともとわが家では、息子が17歳時に満期になる300万円と、12歳時、15歳時にそれぞれ20万円、18歳時70万円という二つの学資保険に加入していて、12歳時の20万円が請求できるようになっていたんですが、それを夫は「公立でお金かからないから据え置いておこ~」って言っていたんですよね。

もちろん貯金からも出すことはできるんですが、夫は計画していないお金を出金することがどうしても嫌なようです。貯金からは10万円を出し、それ以外は学資保険の保険金で賄って今年年末の家計決算を終える予定です。



いかがでしょうか。
運よく公立中学校へ入学できたわが家でも30万円というお金がかかりました。もしこれが私立中学校だったら100万円を優に超えていくんです。そんな支出に耐えられる家計管理ができていますでしょうか?わが家は省略できることになった高校入学やその先の大学入学ではそれ以上の支出になります。やっぱり教育費って侮れませんよね。
しっかりとした計画を立てていなければ貯金なんて一瞬で吹き飛んでしまいます。お金がかかる場合のストーリーも念頭に入れて家計管理をやっていきましょうね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ