クレジットカード 家計 貯金


どうも夫です。
家計管理のサイトを読み漁っていると、クレジットカードの“推進派”“抑止派”にハッキリ分かれていますよね。以前の記事『クレジットカードでお金が生まれる考え方』でも書いた通り、ボクは完全な“推進派”です。
今回はクレジットカードすら管理できない人が貯金なんて出来るわけがない理由を書いてみようと思います。

お金の管理ができていない証拠


“クレジットカードは使いすぎてしまうから危ない”とよく耳にしますよね。では、なぜ使いすぎてしまうのでしょうか。そもそも、みなさんの生活の中で当り前のように消費しているお金ですが、消費の仕方が「現金」なのか「クレジットカード」なのかの違いなだけなんですよね。なのに、使いすぎてしまう…

その「クレジットカードは危ない」と感じる感覚は裏を返すと“お金を管理できていない証拠”なんです。

財布にいくらあるか、口座にいくらあるか… 把握もしないで買い物をするから使いすぎるわけです。現金であれば、お金が足りなくなって買えないから安心だと感じるんですね。

でも、お金の管理能力がこの程度の人はそもそも貯金なんて出来るわけがないんです。だって、持っているお金すら管理できないんだから、将来のマネープランなんて立てれるわけがない。計画的に貯金が出来るようになりたければ、まずはクレジットカードの利用程度はしっかり管理できるレベルになりたいですよね。

クレジットカードが家計簿へ変身する


そんなお金の管理が苦手な方には、クレジットカードを管理することから始めるのをオススメします。

多くのクレジットカードではほぼリアルタイムにWEB明細が更新されていきます。現時点でどのくらい利用しているのかは随時確認ができるわけですね。そして、翌月の請求予定金額も表示されます。今まで、現金で買い物していた人は財布にあるお金と相談しながら日々の生活を送っていたと思いますが、WEB上で利用履歴がすべて把握できるわけですから、使った金額も目的も管理することが可能になりますね。

利用履歴で消費活動の振り返りができれば無駄遣い(浪費)の確認にもなります。また、利用明細自体が家計簿にもなりますから、なるべくクレジットカード払いで利用していけば家計簿をつける必要もなくなるわけですね。

家計簿を勝手につけてくれるのに、ポイント還元まで受けられる。クレジットカードを避ける理由が本当に見当たりませんね。

電子マネーを最大限に活用しよう!


クレジットカードを家計簿代わりに利用していくには、お金の消費をできる限りカード払いにしていかなくてはいけません。しかし、日々のちょっとした買い物をその都度カード払いにしていくのは難しいと思われていませんか?

いえいえ、そんなことはありません。
ランチ代や飲み物代など細々とした買い物は、月々の予算を立てて月初めにクレジットカードで電子マネーにチャージして利用するんです。

ランチと飲料自販機で1,000円を一日の予算とすれば、月20日勤務で月間20,000円です。なので、給料日にすかさず20,000円をチャージして、一ヶ月間をその電子マネーだけで過ごせればOKなわけですね。生活圏に電子マネーが使える環境が整っていないと難しいですが、現在ではコンビニはほぼ利用可能ですし、自販機も随分普及してきています。

ここまでくれば、日々の生活ではほぼキャッシュレス。現金を持ち歩くリスクを無くして、さらに、すべての消費行動もデータ化されます。


いかがですか。
クレジットカードというのは無計画で利用してしまうと非常に危険なものですが、管理することができれば家計においてかなり便利なツールになります。交通ルールを守って自動車を運転するのと同じで、クレジットカードもあなたのマイルールを確立さえできれば安全です。家計管理が苦手な方はクレジットカードの達人をまずは目指しましょう!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ