健康 資産 収入 生涯年収 節約



こんにちは、☆のっち☆です。
みなさん、健康には気をつけられていますか? 私の勤める会社の男性陣は約20%の割合で肝機能に異常があるんです。これを営業職に限って見てみると約40%までになります。お仕事でお酒を飲む機会が多いから余計に身体を痛めているのかもしれませんが、30代で毎年二次検査なんて将来が心配すぎますよね。
今回は「健康がすべての基礎となっている」というお話をさせていただきますね。

健康でなければお金は意味がない


いきなり結論のようなことを言いますが「健康でなければお金は意味がない」ということです。中には「お金がなければ病気にも勝てないじゃないか」と言う方もいるかもしれませんし、それも間違ってはいません。ただ、私たちアラフォー世代の人たちで今、節約して貯蓄に励んでいる人々は病気対策でお金を貯めているんでしょうか?

違いますよね。
「旅行に行きたい」「良い物を買いたい」「良い生活をしたい」「ひもじい思いをしたくない」などなど、生活水準を向上させたかったり、将来の生活の担保として貯蓄に励んでいるんだと思います。

そんな中、ある日突然働けないくらいの重病となり入院生活が続いてしまったらどうなるでしょうか?
お仕事は有給休暇やさまざまな手当で最初のうちは収入もありますが、それも長くて数ヶ月。もちろんこれはサラリーマンの場合で、自営業だと働けなくなった時点で収入は止まってしまいます。貯金を2000万円持っているとして、手取り年収500万円の人だと僅か4年でお金が尽きてしまう計算になります。それに加えて治療費がかかってきてしまいますから、2000万円という大きな金額の貯金を持っていたとしても働けなければ僅か数年で無くなってしまうわけですね。

この部分は、以前の記事『“健康”こそもっとも大切な資産なんです』『働き続けることが最大の資産形成術』でお伝えしたように、いかに健康で働き続けることができるかが重要になります。

健康なのに腰が曲がるだけで弱ってしまう


これは夫の父の話です。
義父は現在80歳。70歳まで雇用延長とパート勤めで働き続けました。それまではちょっと血圧が高い程度で大きな病気もせず健康そのもの。「戦前生まれは強いんだよ」なんて言いながら本当によく働いてました。
そんな義父でも、最近では腰が曲がってしまい動くことすらままなりません。少し前までは杖があればある程度歩いて出かけていたものが、腰が曲がることで腕がしびれて外出する気力が失せてしまっているんです。

すると高齢ですからどんどん弱っていってしまいます。食事の量が減り、筋肉が落ち、気力が失われ…。最近は「お金があっても使いみちがない。出かけないし、物欲もないからね」って言いながらずっと家で座っています。
そんな義父を見ながら「いくらお金があってもこの状況は打破できないし、逆にこの状況になってしまったらお金なんてあまり必要ないんだな」って思ってしまいますね。

お金ばかり追い求めても意味がない


私たち一般人がどんなにお金を追いかけて、支出を徹底的に抑えて貯蓄に励んだとしても目指せるところはどのくらいなんでしょうか?
世間一般のサラリーマンでは生涯年収は3億円にも届きませんから、頑張ってもそれ以上は貯蓄できませんよね。必死に頑張って1億円貯蓄したとしても、その金額では現状の生活とほぼ変わらないでしょうね。本当のお金持ちは資産がお金を生み、そのお金で生活するんです。1億円ではそれはできませんからね。

つまり、何よりも大切なことは安定した収入を止めないこと。そして、サラリーマン人生を無事にゴールできたとしても健康に気をつけなければ、お金に余裕があったとしてもまったく楽しめないことになります。
若いうちから健康診断で引っかかってしまっているようでは将来が不安でなりません。いつそれがきっかけで大病になってしまうかは分かりませんし、発症してしまってからでは手遅れです。健康で普通の生活を送れることを最優先に生活していきましょう。



いかがでしたでしょうか。
年収にこだわるあまり休暇も取らず頑張る人がいます。支出を徹底的に抑えるために不健康な生活を送る人がいます。
元気なうちは“健康”というものを当然のようにみんなが持っているものですから安易に考えてしまいますが、失ってしまうと一番困るものはその“健康”なんです。健康な体があってこそ、頑張って貯めたお金で楽しめるんです。お金はあるけど不健康なんていう人生にならないように気をつけましょうね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ