ランチ代 節約 弁当 マイボトル 禁煙 貯蓄



どうも夫です。
サラリーマンをしているとランチの時間にいろいろな生活スタイルを見ることができますよね。毎日外出してお店のランチを800円~1000円程度で食べて帰ってくる人、弁当持参で楽しそうに昼休みを過ごしている人、コンビニ弁当を自分のデスクで黙々と食べてお昼寝している人などなど。家計管理の側面からするとこのランチ代を上手に節約すれば貯蓄へ回すお金ができるように思いますよね。
今回はランチ代の節約は実はそれほど報われないんだということをお伝えしようと思います。

毎日1000円のランチを食べても20000円ですよ


土日休みの週5日勤務のサラリーマンなら、1ヶ月4週だとして20日の出勤日がありますよね。今回のテーマはこの20日間に消費するランチ代を節約するとどれだけ貯蓄へ回すことができるかということですよね。簡単に計算してみますね…


お店ランチ20日×1000円=20000円
弁当ランチ20日×?=?円
コンビニ弁当20日×600円=12000円


すみません。。。
ボクは料理ができないんで弁当を作るのにいくら掛かるのかまったく分かりません。前日の晩ごはんの残りを弁当箱に詰めてきているのならほぼ0円だろうし、ランチ用におかずを作っているなら数百円はかかるだろうし…。どちらにしてもあの通勤ラッシュの電車の中で重い弁当まで持って通勤する気には到底なれないんです。車通勤で重さやスペースが気にならない生活スタイルの人ならありだと思いますが…

ということで「お店ランチVSコンビニ弁当」ですが、お店はお水やお茶が飲み放題ですが、コンビニだと弁当以外に飲み物は買わなくちゃいけませんよね。その飲み物代を含んでしまうと、安いお店のほうが安くなるかもしれませんね。まぁ、要するにお金に関しては弁当持参派以外はそれほど金額に変わりはないということですね。

ランチ代よりも節約するべきものは?


ランチ代って自分ひとりが我慢すればコントロールできる費目なので最初に手を付けたくなりますが、そのランチ代をケチったところでそれほど節約には繋がらないってことが分かりましたよね。これって、節約のためにマイボトルを持ち歩いている人にも言えることです。もちろんこだわりのお茶などを持参してリラックスされていたりするなら別ですが、お金の側面だけで考えるのなら止めたほうが良いと思いますよ。だって、重いだけですからね…。

そんな辛い思いをして節約するならもっと効率的な節約を考えるべきだと思いませんか?
例えば「タバコをやめる」とか「晩酌の量を減らす」とか「飲みに行く回数を減らす」とか…。ランチや飲み物代を節約して浮かした費用なんて微々たるものですが、タバコだったら一日400円以上、晩酌でも1缶減らせば200円近く、飲み会なんて3000円~5000円は節約できます。

ちょっとリッチなランチを毎日食べても、上記のような節約さえしてしまえば貯蓄額は確実に増やせると思いますよ。



いかがですか。
タバコやお酒はあなた自身でコントロールできる項目ですよね。昔のボクは相当なヘビースモーカーでしたがある本を読んで一発でヤメることができましたし、晩酌だって同じように節約するかどうかはあなた自身が決めることです。ランチ代を必死に節約して毎日数百円節約しても大した金額にはなりません。生活の中で節約をするなら比重の大きい対象から改善していくことが重要なんです。喫煙者の人は節約するための対象が明確なんですから羨ましい限りですなんですよ。


ボクはコレでタバコをやめました…

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

中古価格
¥1から
(2017/10/1 18:14時点)




 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ