保険のマンモス 保険相談 生命保険 個人年金保険 保険料控除



どうも夫です。
最近は本当にお金を預ける先が見つかりませんよね。このままでは収入の半年分を現金で取っておいてそれ以外をすべて株式市場へ投入してしまいそうなので、どうしたものかと毎日悩んでおります。
そんな中「おっ!」と思えるサービスを思い出したので利用してみました。

“保険のマンモス”って知ってる?


今回、利用したサービスは“保険のマンモス”です。以前の記事『【体験談】“保険のビュッフェ”の無料相談にいってきたよ』でも書いた保険相談の別サービスなんですが、内容はほぼ同じでFP(ファイナンシャル・プランナー)が無料で保険相談をしてくれて、ついでに家庭ごとにライフプランに沿ったお金のお話までしてくれます。

こういったサービスでは以前は「商品券5000円分が貰える」なんていうとても嬉しい特典がありましたが、現在は貰えなくなってしまっているんですね。ただ、ボクの今回の目的は「運用先としての保険」を紹介してもらうことなので、相談申込みの特典なんて興味はありません。迷わずポチッと申し込みさせてもらいました。

今回も保険代理店のFPが来た


前回の“保険のビュッフェ”や今回の“保険のマンモス”って提携している保険代理店があって、サイトから申し込みがあるとその保険代理店へ申込情報が連携されて、そこのFP(営業マン)が登場するといった仕組みなんですよね。
ただ、保険営業の人が来たと言っても「契約するまで帰らない!」とか「強面の人が来る」ようなことはないですし、お話する内容は“相談したい内容”と“現状の契約保険内容の確認”で、オススメしていただけそうな保険があれば提案してくれるといったものなんです。

そして、今回ボクがお願いした内容は「個人年金保険」です。
条件は「保険料控除を最大限に活用できる金額を目安に高利率の運用ができる個人年金保険」でお願いしました。というのも、以前の記事『驚異的な運用利回り!保険料控除を徹底解析』で書いたとおり、保険料控除を生かしきれていない領域があれば活用しない手はないんですよね。わが家では個人年金保険にだけは加入していなかったので、この際この枠を活用できる良い保険がないか相談したかったわけなんです。

実際はこんな感じでした


わが家にお越しいただいたFPさんは真面目そうな30代後半の男性でした。
挨拶から始まり、まずは申し込みした際の情報を確認されました。名前、生年月日、家族構成などですね。そして、検討している保険と現状加入している保険の確認ですが、わが家においては前回の“保険のビュッフェ”での相談時に徹底して見直しと将来計画を立てたので「死亡保険、医療保険については現状ではベストではないでしょうか…」というお言葉をいただけました。

ということで、本題の「個人年金保険」へ突入です。
「資産運用」と「円建て商品」という2つの条件を提示し「おすすめの商品はありますか?」とこちらから質問した感じです。さらに「年率1.0%程度なら除外してください」とも付け加えて探してもらうことにしました。
「ある商品ならメリットを出せるかもしれないので、計算して改めて伺わせてください」とFPさんも相当苦しそうでしたが、頑張って探してくれて条件に合うものであればわが家にとっては大きなメリットですから、期待してお待ちすることにしたんです。条件が合うものがなければ次の面談は無しということにもしたので、わが家が提示した条件の商品が無ければそこで終わりです。ムダに面談を引っ張られることもなく、メリットだけを手に入れることができればと考えています。



いかがでしたか。
保険の営業マンというと「結構しつこいかな…」なんて考えてしまいますが、相談するこちらがしっかりと条件やら希望を伝え、それに合うものがなければお終いにすればいいのです。今回のような面談をすると、営業マンは「では次の日程を決めさせてください」って必ず言ってくるんですが、逆にこちらから「条件に合うものがあれば契約するから探してきて」というスタンスで話せばそれ以上のことは言ってきません。相手もお仕事ですから上手にお付き合いできればいいですね。
それと、ライフプランとかキャッシュフロー表を一切作れていない人は、FPさんが喜んで作成してくれるのでお願いしてみるのもいいかもしれませんね。


今回利用したサービスはコチラ



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ