Yahoo!JAPANカード クレジットカード Tポイント



こんにちは☆のっち☆です。
世の中にクレジットカードって本当にたくさんありますよね。このサービスでもクレジットカード、あの店に行ってもクレジットカード…って、最近は何をするにもクレジットカードを勧められてちょっと鬱陶しいくらいです。そんな巷にあふれているクレジットカードですが、未だに「クレジットカードは怖い」と思っている人って意外と多いものなんですよね。
今回はそんな恐るほどのものではないクレジットカードを発行してお得をゲットしてしまいましょう!というお話です。

クレジットカードなんて怖くないですよ


過去にリボ払いで夫からクレジットカードを取り上げられた私が言うのもいかがなものかと思いますが、クレジットカードを持つこと自体は一切怖いものではないんですよ。そんなことよりも持たないことでサービスを受けられないことのほうが大損害なわけです。

クレジットカードを持たない人々は“代金が後払いになるから使いすぎて怖い”というロジックでお話されますが、それなら使わなければいいだけです。発行だけして所有しているだけで享受できるサービスだってたくさんあるんです。
例えば、あるショッピングモールのクレジットカードは持っているだけで駐車場代が1時間無料だったりします。またあるクレジットカードは持っているだけで海外旅行傷害保険が自動付帯されます。これらのサービスは持っているだけでその優待を受けられるんです。しかも年会費無料だったりするんですよね。

そんなメリットしかないクレジットカードを持たない理由なんてあるんでしょうか?
さらには、増えすぎちゃってこれ以上は要らないって人もいますが、持っているカードを整理して不要なものを解約すればいいんじゃありませんか?
生活の環境は常に変化していきますから、いっぱい持っていて困っている人は不要なカードを持ち続けていたりするんだと思いますよ。

わが家にはクレジットカードがよく届く


先日も届いたんですが、わが家にはクレジットカードがよく届くんです。もちろん使用期限を更新して届いたものもありますが、そのほとんどが新規に申込んだクレジットカードです。

どのくらいの頻度かというと、大体半年に一度くらいでしょうか。本人限定郵便だったりして受け取るのが結構面倒ではあるんですが、以前の記事『クレジットカード発行で得しちゃいました』のように何かお得なことがあるんだろうなって思うんで、カードが届くといつも夫に「今回はどんな特典があったの?」って聞くんです。すると大体は「新規発行特典で〇〇円貰った」とか「こんなサービスが受けられるから…」とかなんですが、よくまぁそんな情報を収集しているなと感心してしまうくらいですね。

それと、ネットで書き込まれているようないわゆる“申込みブラック”という信用情報上でのデメリットも存在すると思いますが、それは一週間のうちに5件以上とかあくまで不自然な申込みをしている人が対象になるようなので半年に一度くらいの頻度であれば問題ないようなんですよ。

今回届いたのは『Yahoo! JAPANカード』


そして、今回届いたのは『Yahoo! JAPANカード』でした。

これはYahoo! JAPANとTポイントが提携したことで実現したTポイントカード機能が付いているクレジットカードです。年会費は永年無料で所有していることでお金を消費することもありません。また、誰もが持っているTポイントカード一体型なので今持っているTポイントカードと差し替えてしまえば、財布のスペースを狭くすることもないんですよね。旧カードに貯めたTポイントもインターネットで新カードへ移行することもできるから損することもありません。

そして今回、夫が申し込んだ理由は… やっぱり新規発行特典でした。
新規発行で5000ポイント、発行後2ヶ月以内の利用でさらに5000ポイントで合計10000ポイントが貰えるようです。しかもこの利用特典ですが、多くのクレジットカードだと「〇〇円以上の利用で…」なんていう条件が付くんですが、Yahoo! JAPANカードだとその利用金額が無条件なんですね。なので、100円、200円のコンビニでの買い物に利用しても対象になるわけです。
そんなハードルの低い条件でTポイントを10000ポイントもらえるんですからすごくお得なんです。まぁ、Tポイントを利用する機会がなければ貰う必要もありませんが、今回の夫は「Yahoo! ショッピング」で買い物したかったらしくて、それで申し込んだようですね。結果としては買いたかった商品を新規発行ポイントを利用して無料で貰ったようですが、まだ私は何も貰えていないので、これから付与される利用特典で何か買ってもらおうと思っています。


今回申し込んだクレジットカードはコチラ




いかがでしたでしょうか。
クレジットカードと聞いただけで拒絶反応を示す人がいますが、それって明確な理由があるんでしょうか。私たちを取り巻く環境は日進月歩です。多くの情報を収集して自分の尺度でふるいにかけるわけですが、クレジットカードを拒絶している人は私から見るとどうしても偏った基準で判断しているように感じます。最近ではクレジットカードの解約も引き止めなどもなく簡単にできる時代ですから、発行するだけしてその時に必要なメリットを得て、不要になれば解約すればいいだけではないでしょうか…。
情報を客観的に、そして正確に判断できるチカラをぜひ身につけていきたいものです。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ