家計簿


どうも夫です。
節約や家計管理を紹介するサイトでは“家計簿をつけましょう”って書いてますよね。家計簿さえつけていればお金が貯まるようになるよ的な感じで…
自慢ではありませんが、ボクは家計簿を未だかつてつけたことがありません。ということで、今回は家計簿をつける目的とその効果について書きます。

家計簿って何のため!?


そもそも家計簿ってなんなんでしょうか。
…そうですね、家計を把握するためにお金を使ったことをすべて記録していく帳簿です。家賃から始まり食費、水道光熱費、交際費… 費目ごとに記録して家計の決算書のような立派な家計簿をお持ちの方もいらっしゃいますよね。
でも、ボクが思うに、その決算書のような家計簿をつけている方は完璧な家計簿を自分で作ることが目的であって、その先のことは考えてないんじゃないかと思います。

家計簿っていうのは、家計のムダを見つけて節約対象を明確にし家計を改善させるためのものです。

なので、すべての費目を管理する必要もなく、あなたがこの費目を削減したいと思う部分だけチェックすればいいわけです。

ムダを見つける思考とは


では、家計でターゲットにする費目を見つける考え方とは何なのでしょうか。

まずは、家計全体に占める割合が大きい費目をターゲットにしていきます。つまり、毎月の家計で「なぜかこの費目を抑えられないなぁ」と思う費目を狙うわけです。例えば、食費、雑費、交際費、服飾費など日々の生活で気を抜くとついつい消費してしまう割合の高い費目ですね。

そして、ターゲットを決めたら1ヶ月から2ヶ月の間、その費目のものをすべて記録していきます。現在では記録の仕方はいろいろあって、昔ながらのノートでも良いし、スマホアプリもあります。肝心なことは、自分が続けられて管理し易いものを選びましょう。

浪費を見つけて家計改善


ムダな消費を“浪費”と言います。その浪費を見つけるにはある一定期間の消費をすべて追いかける必要があり、そのツールが家計簿になります。

例えばボクの場合、ある時何ヶ月も小遣いがまったく足りなくなった時期がありました。なので、ボク自身の消費活動をすべてアプリに記録していきました。どうしても紙媒体では記録が続かなかったのでスマホアプリ(かけ~ぼ、iOS/Android共にあります)を利用して記録しました。すると、交際費と家族の外食費が要因だということが判明。翌月からは、家族の外食費を節約しつつ、しっかり予算内に収めるように行動しました。また、交際費も回数を減らすなど影響がない程度で節約に励み、各費目を予算内に収めることに成功したわけです。

このように家計管理している上で、この費目が恒常的に予算オーバーしていると気づいたときには積極的にすべての支出を記録する習慣をつけることが必要です。大切なことは支出の記録であって、家計簿ではありません。家計簿ありきの家計管理ではなく、あくまでも問題把握をするツールのうちの一つが家計簿であるということですね。


いかがですか。
家計簿が家計管理の上で必須なことではありません。必ずやらなくてはいけないことは家計全体を把握すること。そして、予算内にうまく管理できていない費目にターゲットを絞って改善していくことです。生活していく中では常に変化が生まれます。その変化とともに改善をしていく意識が何よりも大切なんですね。そのためには、あなたが一番使いやすいツールを見つけることが家計改善の第一歩になります。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ