晩婚 高齢出産 老後破綻 契約社員 派遣社員



こんにちは☆のっち☆です。
現代の日本では晩婚化が進み、それに伴って高齢出産が増えているそうです。たしかに、私は20代後半で子供を産んだので決して早い出産ではありませんでしたが、子供の学校へ保護者会などで行くと多くのお母さんとは年の差を感じてしまうほどです。
そんな中、晩婚・高齢出産から老後破綻してしまったHさんの話をママ友から聞いたので、今回みなさんにお伝えさせていただこうと思います。

40歳でプロポーズされました


私の名前はH。40歳。
昨年からおつき合いしている3つ歳上の彼から先日プロポーズされたんです。もう、嬉しくて嬉しくて…、即OKの返事をしてしまいました。私も四十路ですから、半ば結婚することを少しずつ諦めかけていた矢先のことだったのですごく幸せだったんです。

彼は中小企業に勤めるごく普通のサラリーマン。役職は係長ですが、年収は500万円なんですって。ちょっと収入低いかなぁなんて思ったりもしましたけど、別に私も今まで通り働けばいいし何よりもこんな私と結婚したいなんて言ってくれるんですから、それ以上に望むものなんてありませんよね。

契約社員で年収300万円


私が就職活動していた2000年前後って就職氷河期で、当時つき合っていた大学生の彼氏も第一希望だった電機業界になんて採用してもらえなくて渋々小売業へ就職していたくらいの時代です。短大卒の私なんて高望みはしていませんでしたが、小さな会社の事務員ですら採用してもらえなくて結局、派遣会社へ登録して派遣社員という働き方を選ばざるをえない状況でした。

それから派遣社員としていくつかの企業に派遣されて、正社員の人と同じような業務を任されるのにボーナスもなく私はいつまでたっても時給で給料をもらう生活で、正社員と派遣社員ってこんなにも労働環境が違うんだなぁって、正社員の人達が羨ましくて仕方がなかった時もありました。

そんな私でも数年前に派遣された現在の職場では気に入ってもらえて派遣社員から契約社員にしてもらうことができたんです。私のような業務内容の派遣社員だと一つの会社に3年間という期限があるので、3年毎に派遣先企業が変わってしまうので疲れちゃうんですよね。それが契約社員になるとそういうことも無くなるし、直雇用だから給料も上がるんです。

派遣社員の時給は1500円、しかも交通費の支給は無し。それが、契約社員だと月給25万円で交通費も貰える。年収にすると、派遣社員のときは250万円で今が300万円+交通費だから条件はずいぶん良くなりました。

私と彼の貯蓄額


彼からのプロポーズに「喜んで!」と即答で私ですが、それから先のことって一切考えなかったんですよね。冒頭でも言いましたが、お金のことなら共働きで頑張ればなんとでもなると思っていましたし…

ただ、挙式をするとなると無料ではありません。親戚や会社の同僚・上司、友人もお招きするとなるとそれなりの用意をしなくてはいけないですし、それをするにはお金も必要ですから、旦那になる彼に直球で聞いてみたんです。いくら貯金を持っているのかって…

すると彼は照れくさそうに「300万円」って言うんです。私自身も「200万円」持っているので合わせると500万円。結婚式をするのには問題なさそうな貯蓄額になるのでホッと安心したんです。



---------------------

40歳で生涯独身を覚悟しつつあったHさんが生涯のパートナーを見つけることができて本当に良かったです。お互い40歳オーバーで年齢的には少しゆっくりな進展ではありますが、最近ではよく聞く話です。二人の貯金も合わせると500万円とそこそこの金額になったので、Hさんも安心したんでしょうね。
これからもHさんは幸せな人生を歩んでいけるのでしょうか…



中編につづく)



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ