家計管理 袋分け管理法 収入 支出 赤字家計



こんにちは☆のっち☆です。
家計管理”と聞くとなんだかすごく難しいことをしなくちゃいけないように思って、未だに家計管理を一切やっていないという方はいらっしゃいませんか?
そんな貴方はもしかしたら“食わず嫌い”ならぬ“やらず嫌い”なだけなのかもしれませんよ。
というこで、今回は家計管理がどんなに簡単なことで、しかも大切なことなのかをお伝えしようと思います。

行き当たりばったり家計はこうなる


家計管理をするのが面倒で一切お金のメンテナンスをしていない家庭があるとします。ただ、そんなご家庭でもおそらく毎月の予算というものは大まかに決まっているのではないでしょうか。「食費は4万円で抑えたい」「小遣いは夫が4万円、私が2万円を守りたい」「外食費は1万円までで」という感じですね。それなのに家計管理をする概念のない家庭では袋分け管理法などの初歩的な家計管理術ですら一切取り入れていないという点。どうやって管理しているかというと、一つの銀行座にドカッと置いておくだけなんですよね。

どんなに頭が良くて、記憶力のいい奥様がお金の番人をしていたとしても、口座が1つだったり資金を分けていなかったりでは、残金は確認できても費目ごとの残金は管理できませんよね。逆に言ってしまえば、どんな初歩的なものであろうと何かしらの家計管理術を導入していなければ、お金の管理なんて絶対にできないということです。

コレだけでも効果絶大な管理術


まったくと言っていいほど家計管理ができない家庭でも、せめてコレだけはやりましょうというものが私の愛する『袋分け管理法』。以前の記事『食費予算を絶対守れる“袋分け家計管理法”』で紹介しましたが、お金を管理したくても管理のできない私が未だかつて予算オーバーしたことがない家計管理術です。

方法はとっても簡単。銀行ATMに設置してある長3サイズの封筒ってありますよね。それを必要分頂戴してきて費目ごとの封筒を作成します。そして、それらの封筒に該当費目の予算分のお金を給料日に振り分けて1ヶ月間、そのお金が尽きないように生活するだけです。

それまで一切管理なんてしてこなかった家庭であれば、もうコレだけで家計が一気に改善して貯金もできるようになりますよ。

家計管理はとても簡単!


このブログでいろいろと紹介している家計管理や節約・貯金術などは基本的な家計管理ができているご家庭が「あと少し、あと数万円なんとか捻出したい」といったときに活用いただければと思って書いている記事もあるので、中にはHow to的なものがあって初心者の人には読みづらいものもあるかもしれません。

ただ、本来の家計管理というものはそれほど難しいものではなく、要は「収入と支出を把握して目的のためにお金を管理する」というものです。入ってくるお金を知り、定期的にでていくお金を把握し、近い将来で一時的に発生する支出に向けて貯金する。家計管理というのはたったそれだけのことです。「難しそうだから私にはムリだな…」なんて思わずにまずは「収入」「支出」の把握から始めてみましょう。たぶん10分くらいでできてしまうと思いますよ。

その10分があなたの家計に革命を起こすかもしれませんよね。



いかがでしたでしょうか。
これから家計管理を始めるという人は“入ってくるお金”と“出ていくお金”をまずは知りましょう。すべてはそこから始まります。入ってくるお金以上に出ていくお金が多いのであれば「赤字家計」です。その状態が続くようであれば、その家計はいつか破綻を迎えます。そうならないために固定費を見直して節約したり、転職して収入アップを図ったりと具体的な行動が生まれてくるんです。
家計管理のプロになる必要はありません、貴方の家計を守るだけで十分なんです。家計管理をしたことがないという人はぜひその一歩を踏み出してみてください。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ