浪費家 家計管理 お金 節約 資産形成



どうも夫です。
ボクはブログでも記事がかけるほど家計管理をしっかりして資産形成ができていると自負していたんですが、先日、職場の同僚から衝撃の一言を言われてしまったんです。
ボク自身が思っている自分像と他人から見たそれがあまりにも違っていたのでついつい記事にしてしまいました。あなたはそんなことありませんか?

「お前みたいな浪費家は…」


先日、同僚数人と昼食を食べていたときのことです。

同僚A「Fさんも今回の人事で昇格したから給料も上がってよかったよね」
同僚B「そうだよな。彼ももう30後半だからそのくらい貰わないとだよね」
ボク「うちの会社って給料水準は低いけど、借り上げ社宅を利用している社員で独身だと結構余裕あるよね」
A「だな。だって、30万円くらいの月収で仮に10万円税金に持っていかれても手取りで20万円は残るからね」
ボ「20万円あれば水道光熱費とかの固定費払っても17万円くらいは残るもんね」
B「17万円も自由な金があると結構遊べるよなぁ」
ボ「そこにボーナスが年間手取りで80万円くらい貰えるわけだからね」
A「これが課長になると月収40万円、ボーナスは150万円オーバーだからね」
B「社宅利用の独身課長は余裕ありまくりだな」
ボ「例えばCなんかはそういうことだよな」
A「そうそう、あの人は余裕あるよ」
B「飲みに行ってもご馳走してくれることが多いし、営業カバンだってDIESELだし…」
ボ「俺も同じ課長なんだけどなぁ…」
A「しかも共働き…」
ボ「はい…」
B「お前みたいな浪費家はお金貯まんないでしょ(笑)」
ボ「浪費家なの?俺??」
A「営業カバンはTUMIだし、飲み会多いし、タクシー乗りまくりだし…」
B「浪費しすぎでしょ(笑)」
ボ「…」

毎月の貯蓄率30%なのに…


今まで他人からどういう風に見られているかなんて考えたこともなかったんですよね。ウチはウチ、他人は他人ということで気にしてこなかったんですけど、改めてそう言われてしまうと「やっぱりボクって浪費家なのかなぁ」なんて思ってしまいます。ただ、家計管理的に見てみるとわが家は貯蓄率30%を超えています。それだけ貯蓄している家庭のほうが少ないはずなのに、どうしてボクは浪費家に見られてしまうのでしょうかね。。。

たしかに、営業カバンも通勤カバンもTUMIを使っています。飲み会も多いときには週に3回ありますし、飲み会の帰りは80%くらいタクシーを利用します。飲み代とタクシー代で毎月5万円くらい使うのかもしれません。でも、ボクの場合はそれ以外にお金をあまり使っていないんですよね。ギャンブルはしないしタバコも吸わない。ボクは趣味の自動車と飲み代にだけお金を使ってるんですよね。

家計管理はこういう生活をするためなんだ


ボクは“お金”が大好きです。貯金がドンドン増えていくことも、資産が膨らんでいくこともとても気持ちが良いものです。だって、お金が無いよりは持っている方が生活する上での選択肢が増えるし、選択肢が増えるということは人生の満足度も比例して上がると思っています。でも、最近いくつかの記事でも書きましたが、節約ばかりをしてキツキツの毎日を送ることは望んでいないんです。

お金を使うことにはドンドン使うし、ムダと思うところはキチッと節約してしっかり貯蓄もする。そういった生活がボクと妻の理想の生活なんです。老後を心配するあまり“現在(いま)”を苦しいくらいに節約したり、その逆だったりと人それぞれの価値観はありますが、わが家の理想形はいつの時代も楽しく、やりたいことをして生きていくことなんです。

浪費家のような生活をしているのにお金をいっぱい持っている家庭だなんて羨ましいと思いませんか?そんな家庭を目指してこれからも家計管理と資産形成をしていきたいと思います。



いかがでしたか。
結局、生まれ持った性分は簡単には変わらないようですね。ボクは浪費家です。さらには、妻もボク以上の浪費家です。自慢ではありませんが、身の回りのものは結構良いものを持っています。だけれども、資産も3000万円以上持っているんです。
ボクと妻は生まれも育ちも一般庶民、現在の仕事もサラリーマンのすごく一般的な家庭ですが、共働きで家計管理を徹底するだけでこういった生活を送ることが可能なんです。わが家の次はあなたです。絶対に同じようになれますよ!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ