貯めどき DINKS 共働き 三大支出 貯金 ライフプラン



こんにちは☆のっち☆です。
以前、夫から聞いた話に「貯金をするには“貯めどき”というものをしっかり理解して行動しなくちゃダメなんだよ」というものがあります。みなさん、ご存知でした?
この“貯めどき”ですが、長い人生の中でたったの3回しか訪れないというので余計にビックリしたんですが、今回はそんな希少な“貯めどき”について書きたいと思います。

闇雲に貯金をしても疲れるだけ


貯金というものは毎月安定的に継続することが重要だって、以前の記事『貯金を失敗させる“3つのム”』でもご紹介しましたが、その継続する貯金にも“強弱”があるということなんですね。独身貴族の人であれば、ある特定の時期に集中して貯金する必要もありませんが、結婚・出産し、子育てをしていくご家庭の場合はそうもいきませんよね。

結婚当初は二人共働いていたけれど、出産を機に専業主婦になり、子供から手が離れるまでは改めて仕事に就くなんて難しい。もう少しで手が離せるかななんて思っている矢先に第二子ができるなんてことはよくある話です。

そんな若いご夫婦のご家庭では、ご主人が一生懸命に働き家計を支え、奥さんは子育てと家庭を守る担当にどうしてもなってしまいます。そんなシングルインカムでそれほど収入が多くもない時代に必死になって貯金をしようとしてもストレスでしかないわけですよね。

人生の三大支出(住居費、教育費、老後資金)を無計画に貯めようとしても、失敗してしまう確率が高いのでしっかりと“貯めどき”を理解して強弱をつけた貯金計画で貯める必要があるわけですね。

たった3回しかない“貯めどき”


ということで、とても重要な“貯めどき”をご紹介させていただきますね。その3回とは『DINKS期』『子供幼少期』『子供独立後』です。具体的に見ていきましょう。

◯ DINKS期
この時期はあきらかに“貯めどき”です。子供もいないし、夫婦二人で社員として共働きができる時期ですからね。ココが貯めどきだと知っているのと知らないのでは、将来の家計に大きな差が生まれます。このDINKS時期が過ぎ、出産期にはいると一気に家計が困窮します。多くのご家庭で結婚当初は夫婦で財布が別れていることも多く、家計管理が十分にできない傾向が強い時期です。この時期にしっかり貯金をするんだと認識しているご家庭は「勝ち組」です。

◯ 子供幼少期
次に訪れるのは子供の幼少期。具体的には小学生のときです。子供が保育園や幼稚園に通うようになって共働きを再会できたとしても、その時期は保育園代や幼稚園代などの子育て費用が予想以上にかかるものです。さらに、収入も時短勤務やパートなどの時間に制限のある働き方が中心になるので思ったほど家計的には残らない時期なんです。
その時期を耐えて小学校へ入学するようになると、まず教育費が一気に圧縮されます。また、学童保育などを利用することでしっかり働く時間を確保できるようになるんですね。つまり、この小学校に入学したタイミングが“第二次貯めどき”になります。

ただし、わが家のように一人っ子なら思った通りの貯金もできていくと思いますが、二人、三人と子供が増えていくとこの貯めどきは短くなったり、無くなってしまったりしてしまうんです。上の子が小学校へ入学したけど下の子がまだ幼稚園だとか、下の子はまだ小学生だけど上の子が中学生になったとかですね。もうこの辺はご家庭ごとのライフプラン表でしっかり見極めていく必要がありますよね。

◯ 子供独立後
そして、最後の“第三次貯めどき”は子育てが終わってから定年までの期間です。この時期をしっかり把握しておけば、第一次、第二次の貯めどきに貯金を作れなかったとしてもまだ挽回ができます。それは、子育てが終わることで教育費という長く険しい支出から開放されて家計に占めていた大きな支出が1つ無くなることと、親である自分たちもアラフィフですから年収もそこそこあること。支出が減って収入が大きいわけですから、本気を出せば一気に貯金を作ることができるんです。

ただ、この時期も子育てが終わるときの自分たちの年齢によって大きく異なってしまいます。「もし、子供が独立するのが定年後だったら…」近年では晩婚化が進んでいるので、将来的にはこんなご家庭も増えてくるでしょうね。その場合、この“第三次貯めどき”は無くなります。現役時代になんとか貯金できるように捻出しなくてはいけないということになります。



いかがでしたでしょうか。
子供がいる家庭を想定してお話をさせていただきましたが、もし子供がいないご家庭であれば現役時代はすべて“貯めどき”になります。DINKSを定年まで継続したとしたら貯金は億を超えていくことでしょうね。
一方、子供がいる家庭では自分たちの年齢と子供たちの年齢のバランスがとても大切です。二人、三人と子供がいるご家庭は夫婦の働き方を常に話し合って計画を立て、ライフプランと貯金計画をしっかりとリンクさせることが成功の秘訣です。コレに失敗すると老後破綻への道が一気に拓かれることになりますから肝に銘じていきましょうね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ