車両保険 自動車保険 保障内容 メルセデス・ベンツ 自損事故



どうも夫です。
マイカーを持っている皆さんは車両保険に加入していますか?
マイカーを所有してから20年以上経ちますが、先日、生まれて初めて車両保険を利用したので記事にしてみようと思います。

自宅前のブロック塀にガツッと


ボクの唯一の趣味は“自動車”なんですよね。自分の好きな車に乗って、家族でいろいろなところに行けることに何よりも幸せを感じるんです。そんなこともあって、わが家のマイカーは現在『メルセデス・ベンツ』なんです。ホント自慢じゃないので気を悪くしないでくださいね。みなさんがご自身の趣味にお金をかけているのと同じで、ボクはマイカーにお金をかけているだけですから…

そんなボクの宝物であるベンツを自宅前のちょっとしたブロック塀にガツッと当ててしまったんです。夜だったし、ちょっとイライラしていたし…。いつもよりスピードを出してバックで進入、ピタッと止めたつもりが微かにヒットした感じです(泣)

車内に響き渡る「ゴッ」という音。直後にインパネに表示される「アクティブブラインドスポット作動できません」というアラート表示。完全に「あぁぁぁ~(泣)」って感じでした…

任意保険の内容を変更したばかりだった


愛車をぶつけてしまって、しかもアラート表示。完全にヤッてしまった感満載のボクですが、事故をしてしまった一週間前くらいに車両保険の保障内容を変更したばかりだったんです。そのキッカケは、車に詳しい知人と話している時に保険の話になったんです。その時に「ベンツに乗ってるんだったら保障内容を充実させておかないとダメだよ」って言われたんです。それはなぜか。みなさんも知っての通り、外車は修理費用がメチャクチャ高いからです。

そう言われて保障内容を充実させた直後の今回の事故。「いやぁ、助かった~」って感じだったんです。ところが、ところがなんです。。。

事故直後に保険会社の事故窓口に電話をして事故を報告。翌日、担当者から電話連絡があり、事故の詳細を聞かれました。

えっ?めちゃくちゃ疑われてるんだけど…


ボク「昨日、車をぶつけちゃいました…」
保険会社「お怪我がなく何よりです。では、何点か伺わせていただいてもよろしいですか?」
ボ「はい、どうぞ」
保「事故発生時刻は夜になっていますが、お酒は飲んでいませんでしたか?」
ボ「飲んでいません」
保「運転免許は無効な状態になっていませんか?本当にあなたが運転していたことに間違いありませんか?」
ボ「間違いありません」
保「今回は契約内容変更後、一週間ほどしか経過しておりません。そのため調査が入る恐れがある案件になっております…」
ボ「調査?調査って何?」
保「今回の事故がお客様のご申告どおりで間違いないのかを弊社にて確認させていただくものです」
ボ「はぁ?なにそれ。契約変更する前に事故したのを今になってぶつけたような申告してるんじゃないかって疑っているわけですか??」
保「そうは申しておりませんが…」
ボ「なんだか、すごく気分が悪いですねぇ」

ベンツの修理代が驚きの金額


そんな交渉を保険会社と続けながらも修理工場へ預けた愛車が約2週間の修理期間を経て帰ってきました。ぶつけたのはリアバンパーの右側のみでしたが、修理内容はリアバンパー1本交換、アクティブブラインドスポットセンサー交換、関連配線一式交換、塗装、代車費用が修理工場からの請求内容です。その額…


675,183円!!


おいおい、外見では本当にちょっとしたキズだったのにこの金額って…
保険会社の調査の結果、今回の事故は保険対象外だなんて言ってきたらちょっとヤバイ金額です。なんとしても事実を認めてもらわないと困っちゃいますね。とは言っても、一人で事故して大きな事故ではなく擦っちゃった程度のものだと、事故発生を証明するものが何もないんですよね。保険会社もいろいろな状況をもとに判定しているんでしょうから、理不尽なことは無いと思いますが、それにしても契約内容変更直後だからなんて言われても「じゃあ、いつ変更するんだよ!」って思ってしまいます。今回のような、イザという時の保険なのに…



いかがでしたか。
今回の事故でいろいろな人に話を聞く機会がありましたが、最近は保険会社の支払が相当渋くなってきているそうです。ネット保険が増えて保険料収入が目減りしている中で自動車の修理費用が高額化しているようで、保険会社もムダな支払いを防ぐために調査対象を広げているそうです。それにしても、単独事故で車両保険を使うのは保険会社から疑われるところから始まるのはすごく嫌なものですね。
ただ、そもそも事故をしなければいいわけですから、もっと冷静に運転するように心がけます。みなさんもどうぞお気をつけください。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ