貯金 収入 支出 家計簿 ボーナス 貯蓄



どうも夫です。
貯金が苦手な人からすると貯金をちゃんとできている家庭が不思議に思われるのかもしれませんね。でも、貯金がしっかりできている家庭がどれだけ節約に努めているかと言えば、少なくてもわが家においてはそれほど大変なことはしていません。要は、貯金というものは把握するポイントさえしっかり押さえておけばできるようになるんです。
ということで、今回はその貯金体質になるための大切なポイントをお伝えしようと思います。

家計で把握するポイントは2つだけ


貯金をするためには、まず自身の家計を把握すること。そして、その家計の中でも把握しなくてはいけないものが『収入』と『支出』です。まぁ、当り前ですよね。

貯金というものは計算式で表すと「収入-支出=貯金」になります。ちょっと知識とこだわりのある人は「その計算式は間違っている、本当は“収入-貯金=支出”なんだ」と声高に言うかもしれませんが、ボクからすれば同じこと。
そんなこと、どっちでもいいです(笑)… 要は、貯金ができるかできないかということが問題なんですからね。

さらに「収入と支出を把握するなんて言われなくても分かっているし、すでに把握しているよ」と思う人もいるかもしれませんよね。把握しているのに貯金ができないとすれば、そもそも把握の仕方が間違っているかもしれません。次からそれぞれの把握の仕方をご案内させてもらいますね。

収入は“手取り年収”を把握する


では、まずは『収入』です。

収入と言われれば、ほとんどの人は“給料”になると思いますが、その毎月の給料でも総支給額と手取り額をしっかり区別して把握されているでしょうか?さらにさらに、ボーナスの手取り額もしっかり把握されていますか?

家計管理でいう収入というものはすべて可処分所得である「手取り収入」で管理します。毎月の手取り収入を把握して家計管理をしている人は多いかもしれませんが、ボーナスまでもしっかり手取り額で把握していますか?収入の管理についてはボーナスの正確な把握が重要なんですよ。

「毎月」と「ボーナス」の手取り額を把握すれば「年間」の手取り額も把握できますね。この3つの手取り額をしっかり把握してから、今度は支出を把握してみましょう。

支出の把握にはやっぱり“家計簿”


支出については「把握するぞ!」と意気込んでも、それまでに何も記録していなければ一瞬で把握できるものではありません。食費やら小遣いやら、1ヶ月を通して継続的に支出していくものがあると「何にいくら消費した」というものが掴めないからなんですね。

つまり、はじめて家計管理を始めるような人はまずは家計簿をつけて何にいくら消費しているかを把握しましょう。家計簿を頑張って1ヶ月続ければ、「食費に◯万円、小遣いは◯万円、その他の固定費が◯万円」のように数値化できますから、支出すべてをとりあえず数値化することが大切なはじめの一歩になります。

そして、その1ヶ月の支出全体が手取り月収に収まっていれば健全です。あとは数値化することで見えた無駄遣いを無くしていって、家計のスリム化を図れば完璧です。ただ、貯金ができないと悩まれている人で手取り月収に支出が収まっているわけがありませんよね。収まっていれば自然と貯金ができるはずですからね…

というわけで、毎月の収支を黒字化することが最重要課題となります。

毎月赤字家計ならボーナスを活用する


では、毎月の収支が赤字の場合、どうしたら貯金ができるようになると思いますか?

それは、ボーナスの有効活用です。
ボクが考える家計管理では毎月の収支は必ず黒字にしなくてはいけないと思っています。毎月赤字だと半年に一度のボーナスがすべて生活の補填のための資金になってしまうからですね。では、どうするか…

生命保険料、自動車の任意保険料、HNK受信料などの“年払い”ができて割引になるものがあれば、ボーナスを利用して一括払いをして毎月の支払いではその安くなった料金を12ヶ月で割った額を貯金していくんです。そうすることで、実際はまとまった金額が必要な年払いを一度に払うことが難しくてもボーナスを活用すれば可能になりますからね。
ただし、この年払いを活用しても10%程度しか節約にはなりません。毎月数万円もの赤字額になっているようであれば、そもそもの生活スタイルを見直すことが必要になります。住居費、小遣い、服飾費などお金をかけすぎている項目があるはずですから、思い切ってメスを入れなくては家計改善はできないと思いますよ。



いかがでしたか。
貯金というものは「収入-支出=貯金」という簡単な理屈ではありますが、“欲望”に邪魔をされて機械的に計画を進めていくことも難しいものです。なので、以前の記事『黙ってでもお金が貯まる“貯金のコツ”』で書いた通り、その欲望を目的に変えて貯金することの味方につけてしまいましょう。毎月の家計管理と目標設定ができれば、必ず貯金は成功すると思いますよ。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ