貯金 3つのム ダラリ 無駄使い 貯金計画 貯蓄



こんにちは☆のっち☆です。
人生を失敗しないための最低条件である“貯金”ですが、すごく長い期間コツコツ継続しなくてはいけないのが本当に苦痛ですよね。だから私は家計管理を夫に任せて、毎月決められた金額だけで生活して、たまに夫におねだりして生きています。もし私が家計管理をすることになれば、計画的に貯金をしなくちゃいけなくなるから本当にツラいと思います。
今回はそんな耐え忍ぶ活動の“貯金”を失敗しないための3つのポイントがあるのでご紹介しますね。

新人研修でも習う“3つのム”


みなさんは新社会人のときに社内研修というものを受けられましたでしょうか?
私も最初に入社した会社で新人研修を受けたんですが、社会人の心がけとしてやってはいけない“3つのム”というものを習いました。“3つのム”とは「ムダ」「ムリ」「ムラ」です。習う人によっては「ダ・ラ・リ」と言っているところもあるようです。
要するに、仕事人として『無駄を無くし、無理はせずに、ムラのない仕事をしましょうね』というものなんです。仕事というものは目標に向かって継続していくものなので、これらの“3つのム”があるととても非効率で良い結果を導けないという考えから言われているんですね。

この「目標に向かって継続していくもの」という考え方、私達が日々苦労している貯金も同じことですよね。貯金をしていくうえでもこの“3つのム”というものを無くせば良い結果を出せるのではないでしょうか!?

“3つのム”を無くすぞ


では、貯金において“3つのム”とはどんなことでしょうか。

■ ムダ
貯金においてのムダは、日々の生活の中にあります。そう、いわゆる『無駄使い』です。毎日お金を消費しているなかで本当に必要なものだけにお金を使っているのかがここでのポイントになりますから、買い物をしようとしたときに「今の自分にこれは本当に必要なのか」を毎回自分に質問する癖をつけるだけでも、無駄使いというものは削減できていくと思います。

■ ムリ
ムリとは『無理な貯金計画』のこと。冷静に考えるとどうやっても達成できそうもない計画を立てて、意地と根性で突き進もうとすることです。そういう無理な計画は短期的には結果を出すことができたとしても、貯金のような果てしなく長い道のりを歩んでいく活動には向いていません。ちょっとした余力を残してもいいと思いますので、無理のない貯金計画が成功への近道です。

■ ムラ
そして、最後のムラ。ムラというのは『一定でない』ことですよね。つまり、貯金計画でも一定でないと続きませんよってことです。
勘違いしてほしくないのは、金額が一定でなくても良いと思います。今月3万円、来月2万円、再来月5万円のように金額が一定でなくてもいいのですが、毎月必ず貯金をするということを継続することが重要なんです。今月は3万円、来月は貯金ゼロ、再来月は▲1万円のように貯金している月とできない月があることがNGなんですよね。貯金額が少しずつでも毎月増えてないとダメなんです。増えたり減ったりしていると人間弱いものですから、アッという間に貯金が無くなってしまいます。



いかがでしたでしょうか。
「頑張っているのに、ぜんぜん貯金ができない」ってお悩みの方、もしかしたらあなたの貯金活動には“3つのム”が潜んでいるのかもしれませんね。一度日々の生活、毎月の貯金方法などを見直してみてください。1つでも「ム」があればそれが原因かもしれませんね。
無駄使いをヤメ、無理のない計画でムラ無く毎月貯金していくことが貯金の鉄則ですよ!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ