ボーナス 賞与 給料 定期預金 貯金 モチベーション



こんにちは☆のっち☆です。
6月といえば夏のボーナス。7月支給の会社もあるかもしれませんが、あなたはもうボーナスの使い道は決めましたか?
今回は半年に一度支給される家計にとってはとても重要な役割を担うボーナスについて改めて考えてみようと思います。すぐに使ってしまったらダメですよ!

ボーナスの使い道


近年のボーナスの使い道ランキングで上位に入ってくるものは「貯金」「ローン返済」「子供の教育費」が常連なんですよね。これを見るとどこのご家庭も堅実な家計管理をされているんだなぁって思ってしまいます。

そんな中でもし「毎月の生活費の補填」にボーナスが消えていくというご家庭があったら、家計管理的にはすでに危険シグナルが灯っています。今すぐ毎月の家計を見直して、単月で黒字になるような予算組みをしなくてはいけません。ボーナスはあくまでも“最悪支給がなくなってしまったとしても生活できる”という位置づけのお金でないと業績悪化で支給が無くなるような緊急事態が起きると途端に家計が苦しくなってしまいます。毎月の給料だけで生活ができるようになると年間の貯蓄率も一気に上がりますから、そこまでは家計管理を頑張りましょうね。

ボーナスで貯金モチベーションアップ


以前の記事『地道な貯金を成功させる一つのコツ』でお伝えしたように、まとまった金額が支給されるボーナスは毎月努力して積み上げている貯金を一気に増やして貯金モチベーションを持ち直す重要な役割があります。毎月2万円をコツコツ6ヶ月間貯めていても口座には12万円にしかなっていませんが、そんな時にボーナスで30万円を貯金できたとすると残高が42万円にまで一気に膨らむわけですよね。

12万円と42万円では、その金額を認識したときのインパクトが確実に違ってきます。「あれだけ頑張ってるのにまだたったの12万円か…。先が長いなぁ」って思うのと、「おっ、42万円まできたぞ!残り半年同じだけ頑張れば84万円までいけるし、そう少し頑張れば100万円だって夢じゃないな」って思うのとでは、付いてくる結果が違ってくるはずです。

長く辛い貯金の過程では、ボーナスを上手く活用して自分自身のモチベーションを維持することがなによりも重要になるんですね。

ボーナスの預け先はどこがいいの?


いざボーナスを受け取って貯金へしっかり回すことができた時に悩むのは“預け先”ですよね。マイナス金利政策が続いている日本ではネット銀行の1年定期預金にしても0.1%~0.3%といったところですが、かと言って、投資信託や株式投資などでハイリターンを狙うのはちょっと怖いし、目減りしてしまってはなんの意味もありませんよね。

仮に、0.3%の1年定期預金に100万円を預けたとして、1年後に受け取れる利息はたったの2400円。そんな僅かな利息のために大切な資金を1年もの期間拘束するほうがデメリットなんじゃないかって夫は常々言っています。もちろん持っている金融資産の額にもよりますが、この先1年間は間違いなく使わないと分かっている資金に関してなら定期預金に入れてもOKだと思いますが、貯金総額100万円の人が僅かな金利差のせいで定期預金に入れるのは逆にリスクが大きいのではないかと思います。

そんな考え方のわが家ですから、現在は定期預金はゼロ。株式投資投資信託貯蓄型生命保険へ資金を回し、それ以外はすべてメインバンクのいつでも動かせる貯蓄口座に入れっぱなし状態です。夫の方針は機動力重視。いつ起こるか分からないチャンスに乗り遅れないように準備しているわけですね。



いかがでしたでしょうか。
ボーナスの時期は半年に一度、貯金額がグンと増える重要な時期です。ボーナスが出たからといって気を緩めて、アレコレ買ってしまうとアッという間に無くなってしまいますから、その物欲はしっかり抑えなくちゃいけませんよね。でも、欲しいものすべてを我慢すると貯金すること自体がストレスになってしまいますから、ホドホドに消費していきましょうね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ