お金 年収1000万円 転職 田舎暮らし キャッシュフロー表



どうも夫です。
こうやって日々、お金に関する記事を書いているボクですが、ボク自身お金に興味を持ち始めたのは「この世はお金が無いと負け組だ」と思っていたから。。。だから、負け組にならないように資産家を目指してコツコツ貯金して、現在の状況にまで資産形成をさせてきました。でも、最近は「お金がなくても十分幸せになれるんじゃないか」って考えるようになったんです。
今回はそんなボクの考えをまとめてみようと思います。

『年収=男の価値』と考えていた


大学を卒業して就職してがむしゃらに働いていた頃、ボクは『年収=男の価値』という考え方をしていました。なので、必死に働いて成果を残して会社からの評価をもらっても給料が上がらなければ即転職というサイクルを2社ほど繰り返しました。「こんなに実績を残しているのに昇給ってこれだけ…?」的な感覚ですね。その後、年功序列で頑張らなくてもバンバン昇給する会社に転職して、ボクの年収に対する欲求が収まりました。

すると今度は「人生の大半を過ごす会社でこんなつまらない仕事ばかりやっていて満足な人生を送れるのか??」なんて考え始めるんですよね、人間って。つまり、それまでのボクは“無い物ねだり”ばかりで『足るを知る』ことができていなかったんです。年収が低ければ年収にばかりこだわり、会社や上司からの想いを完全に無視。満足のいく年収を手に入れれば今度は「そんな人生つまらない」とまた不満が出てくるわけです。

年収を捨てて転職


そんなどうしようもない考え方をしてしまうことに気づいたボクはその後どうしたか…
結局、楽な業務内容で高収入だった会社を辞め、またも過酷な営業職へ転職してしまいます。しかも年収は100万円以上ダウン。所帯持ちの男が通常では考えられない行動に出てしまったんですね。以前からお伝えしている通り、妻も働いてくれていてわが家は共働き世帯です。共働きだからこそできたようなボクのワガママですが、転職先の営業ではやっぱり適正があり表彰なんかもたくさんしてもらえるんですよね。これがまた楽しいし、生活が充実するんです。

それまで「年収=男の価値」と考え目先の給料ばかりにこだわってきたボクがわざわざ給料を下げてまで転職してやりがいを求めたのは、ある程度の資産形成ができたことでお金に対する考え方がガラッと変わっていったんだと思います。
「年収600万円が1000万円になったところで何か生活が変わるのか?」「逆にやりたいことをやって年収450万円になったところで生きていけないのか?」なんていう自問自答を半年くらい続けていました。たどり着いた答えが「ほどほどのお金があればやりたいことをやるのが一番だ」ということでした。

低年収の田舎暮らしをどこか夢見ている…


わが家においては子供にかかる費用もあと10年強で終わり、住宅ローンも10万円弱で残り20年もないし、もっと安いところに引っ越しして今の家を賃貸に出したら毎月5万円は最低でも儲かる状況になっていますから、言ってしまえばお金に関しては先が見えた状況なんですね。そんなわが家の家計管理において一番重要なことは現状を継続すること。これ以上の年収も必要ありませんし、健康にだけ注意して日々を充実させることこそが今一番重要なんです。

実は最近、ボクが密かに憧れているのは質素な暮らし。スーパーもコンビニも何もないところでは困ってしまいますが、今のような東京のど真ん中で生活する必要もないので、郊外に移り住んで基本生活費をグッと抑えて、お金をたくさん必要としない生活を夢見ています。土地は広く日当たりも良くて、ちょっとした家庭菜園もできて、クルマはドカッと止め方を気にせずに数台置けて、クルマで少し走れば必要な商業施設がある場所での生活です。考えただけでもワクワクしますね。
こんな生活は現状を継続することで確実に手に入れることができると思っています。なので、これ以上の年収にこだわることはないんです。



みなさんは、いかがですか。
今回もまた一方的にボクの考えていることをツラツラと書いてしまいましたが、もちろん昇給して嬉しくないわけじゃないし、給料を減らされても良いわけではありません。ただ、今までのように闇雲にお金だけを追い求める行動だけはヤメたいと思います。家族や職場に感謝して、現状を継続できればもう目指す幸せは目の前まで来ているんだと実感しています。というのも、今までわが家を導いてきた『キャッシュフロー表』がそう言っているんです。
このただのエクセルの表が示している将来はほぼ思い通りの現実になります。それを今までの10数年が証明しています。みなさんはこの人生の羅針盤であるキャッシュフロー表を活用していますか?

※キャッシュフロー表の参考記事はコチラ


 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ