49c5bda340866f2d1c981d5b69b4d850_s

こんにちは☆のっち☆です。
日本銀行の黒田総裁がドッカ~ンと放った黒田バズーカ第三弾。マイナス金利の導入で私達国民の生活にも影響が出始めてまいりました。今回はそんなマイナス金利導入で我が家が思わず得してしまったお話をさせてもらいます。

マイナス金利導入で銀行業から悲鳴が…


多くのサイトで一気に取り上げられたマイナス金利ですが、みなさんは一通り目を通されましたでしょうか。簡単に言うと「日銀は銀行から預かったお金に今までは利子を付けてたけど、これからは逆にお金貰うよ」ってことですよね。
マイナス金利導入で困るのが銀行です。銀行は預金者からお金を集めて、集めたお金を企業などに又貸し(融資)した利ざやで利益を出しています。でも、景気も良くないから融資を受ける企業が少なく、融資先を探すのに苦労しているのが現状なんです。そして、そんな銀行業をより苦しめるのが「マイナス金利の導入」ということですね。貸し出さないで貯め込んでいたら日銀にお金取られちゃうわけですから、銀行は融資対象である優良顧客にはもっと借りてもらいたいわけですね。

銀行と個別交渉しちゃうの??


我が家にもこの機を逃さない人間が一人いました。夫です(笑)。
私はマイナス金利導入を発表した日に夫が大騒ぎすると思っていたんですが、つい最近までそれについてのコメントもなく「珍しく興味ないんだなぁ~」って思っていたら、とんでもありませんでした。
先日の休日に、パソコンをパチパチ叩きだしたのでブログの記事でも書いているのかと思ったら、おもむろに住宅ローン契約書を持ってきて電話を掛け始めました。電話の内容は以下です。


「あぁ、すみません。今、そちらで住宅ローンを組んでるんですけどー。マイナス金利の影響で金利が下がってるじゃないですかぁ。金利契約だけの変更ってできないんですよね?」

『申し訳ございません。固定金利での契約なので金利条件だけの変更ができず、借り換えという形になります』

「ということは、借り換えの諸費用がまたかかるということですよね?」

『そうなります』

「そうなんですね。そしたら、他銀行へ借り換えしたほうがメリットありますね(笑)」

『 !! お客様、ネットか何かで金利を比較されてお電話いただいたんでしょうか?』

「そうですよ。住信SBIさんとかソニー銀行なんかはずいぶん安いですもんね」

『申し訳ございません。少々お待ちいただけますか… 』
『 …お待たせ致しました。お客様には今回特別に事務手数料2万円程で現時点の金利へ条件変更する対応をさせていただきます。』


ってな流れで特別対応を獲得したそうです。

条件変更だけで100万円の節約


そんな流れで有利な金利条件を獲得した我が家ですが、金利差では0.5%ほど。実際に他銀行へ借り換えをしてしまうとメリットが出ないくらいのものです。だから夫は今組んでいる銀行に電話したんですね。彼の性格上、本気で借り換えをするときは借り換え先に相談するはずですから、なんかおかしいなぁって思っていたんです。

そして、僅かですが0.5%ほど安い金利をゲットした我が家が受ける金利軽減総額はなんと100万円!夫はあの電話1本で100万円稼いだようなもんですね。

マイナス金利導入で銀行も対応が慌ただしくなっています。月中に住宅ローン金利を改定したり、数日で定期預金金利が変更になったりと銀行が困惑している証拠です。そんなタイミングだからこそ、いつもお堅い銀行にも柔軟な対応が期待できるんですね。
是非あなたもチャレンジしてみてください!




 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ