生命保険 保険のビュッフェ FP キャッシュフロー表



どうも夫です。
みなさんはいくらの保険金の生命保険に加入されていますか? 生命保険って営業マンに「万が一のときの安心のために」って言われて加入するけど、実際に自分が亡くなった時にどれだけのお金があると安心なのかって考えたことってありますか?
今回はボクが考える「生命保険の保険金はこうやって考えよう」というテーマで書きたいと思います。

生命保険は何のために加入するのか?


そもそも“保険”という仕組みは何なのでしょうか。
ボクが色々なサイトで確認した情報としては「助け合い」なんだそうです。一人で負担すると大きな負担もみんなで出資しあって、その仲間の誰かに災難があった時にその資金から給付してあげる仕組みなんだそうです。まぁ、そんな相互扶助の精神から生まれた保険ですが、現代ではどこかしら怪しげな感じを受けてしまいますよね。

そもそもの保険の存在価値を考えると、すべての人が同じように加入する必要はないし、その人のライフプランに合わせた、人それぞれの生命保険に加入することが必要なんですよね。一生独身と決めている人が高額な死亡保険は必要ありませんし、妻・子供がいる夫が死亡保険に全く入っていないで亡くなってしまったらその後の家族の生活は相当厳しくなるのも予想できてしまいます。

要するに生命保険というものは自分自身の家庭に万が一のことがあったら、どのくらいのお金が必要なのかを考えなくては適性な生命保険には加入できないということです。保険会社の営業マンに言われるがままに加入するのはただ単にその営業マンに給料をあげているだけ。そんな人は相当無駄な保険に加入している可能性が高いと思いますよ。

保険金の算出方法


では、どうやって必要な保険金を算出するのか…。その拠り所はこのサイトで推奨している『キャッシュフロー表』になります。そうなんです、あのキャッシュフロー表はお金に関することすべてに役立つわけです。

どういうことか。。。すごく簡単なことです。
キャッシュフロー表のある時点から世帯主の収入欄の数字をすべて消去してみてください。そして、年金がもらえるようになるまでの貯蓄額を見てみましょう。現時点で計算している老後資金が驚くような数字になってしまいます。
実際は支出額も抑えられますし、遺族年金を貰えるかもしれませんからもう少しプラスになると思いますが、とは言っても厳しいことには変わりませんよね。そして、その計画していた老後資金から世帯主の収入が減ることでショートしてしまう金額分が死亡保険として加入すべき金額になるわけです。

わが家の場合、ボクが50歳で死亡してしまうと60歳時点の貯蓄額は1000万円ほどになってしまいますから、単純に2000万円は最低でも死亡保険が必要と考えられるんですね。
前述したように人によって生活水準も将来の計画も違いますから、生命保険会社の営業マンが「死亡保険2000万円は必要ですよ~」と就職したばかりの社員に言っていることは大嘘だということです。万人に必要なのではなく、その人それぞれのライフプランをしっかり聞かなくては必要な保険金なんて算出できないわけですからね。


※キャッシュフロー表の参考記事はコチラ → 『家計管理実践マニュアル|2.絶対必要な2つの表』

家庭環境に合わせて変更していく必要があるよ


以前の記事『【体験談】“保険のビュッフェ”の無料相談にいってきたよ』でお伝えしたように保険相談に行ってきたんですが、そこで保険についてFPさん相手にあれこれ話したことでボクの中でもボンヤリしていたわが家に必要な保険金額がハッキリさせることができたんです。

わが家では住宅ローンをペアローンで組んでいて完済年齢は58歳、あと15年程です。また、子供の教育費も10年ほどで終わる見込みです。ということは、10年~15年以内にボクが死亡すると残された家族は金銭面で苦労することになりますから、そこまではある程度の保険金を受け取れる生命保険に加入が必要です。そして、その年齢を無事に生き抜ければ、以降はそれほどの死亡保険金は必要ないということになるので死亡保険を軽減して、逆に医療保険を充実させていくという感じです。ただ、高齢になってからの医療保険は保険料が高額になるので、国民皆保険である健康保険の高額医療制度を理解した上での加入が必要になるんですね。

もし独身と決めている人であれば死亡保険の代わりに、医療保険と今流行りの収入保障保険や個人年金などを中心に加入していればいいのではないでしょうか。



いかがですか。
身近なようでイマイチよく分からない“生命保険”。保険会社の人に相談したいけれど、よく分からないうちに新しい生命保険に加入させられるんじゃないかって思ってしまうから、結局、誰にも相談できないでズルズルと昔に加入した保険料を払い続けている人は多いのではないでしょうか。ただ、勇気を出して行動に移して納得いくまで相談すると家計改善に繋がるかもしれません。加入している保険内容に自信のない人は一度相談してみることをオススメしますよ!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ