4f8505eab48690c2ce555449172b7bbd_s


こんにちは☆のっち☆です。
以前の記事『 子供の教育費っていくらかかる?』では子供の教育費についてどれだけの覚悟が必要かを考えてみましたが、今回は教育費が負担となりツラい結果を招いたあるご家族を紹介しようと思います。ちょっと長いので3部構成です…

このご家族は夫の知り合いで実際にいらっしゃった方をモデルに私が肉付けして一つの物語にしてみました。主人公のどこがまずかったのか、考えながら読みすすめてみましょう。

子供誕生で学資保険に加入 教育費負担のはじまり


ボクは33歳、医薬品メーカーに勤めるフツーのサラリーマン。2つ歳下の妻と結婚してから5年経った先日、待望の第1子が生まれた。親からの助言もあり、子供が産まれてすぐに学資保険へ加入したが、満期金がいくらのものに加入すればいいのかわからずその時の勢いで満期金200万円のものに加入した。家計についても子供にかかるお金で月々が大変だけど妻と話し合い毎年50万円を目標に貯金は必ずやっていこうと約束している。

先日、目に入れても痛くないほど可愛い我が子がとうとう1歳になった。タイミングを合わせて申請した公立保育園に幸運にも入園できた。これで妻も無事復職できる。やっと妻が産休・育休に入ってから始まった1年強に渡る魔のシングルインカムから脱出できる…

公立の保育園って前年所得税額によって保育料が分けられていて、ボクが住んでいる自治体では我が家の昨年度の納税額ランク(約10万円)では3歳児未満は毎月41,000円。安くはないけど妻が復職してくれて毎月手取りで13万円ほど収入が増えるおかげで生活は楽になるし、学資保険の家計への負担も軽減できる。今はまだ小さいから保育料も高額だけど3歳クラスからは減額されていくからその減った分でスイミングなんかに通わせることもできると思う。それと、我が家では小学校は公立へ行くことで決めたから小学校受験とかは考えなくて済むんだよね。
だって、もし小学校受験なんてすることになると、こんなに小さい子供に相当受験対策を叩きこむから勉強の苦手だったボクからすると気の毒に感じるし、家計的にも相当な痛手になる。万が一、受験が上手くいって入学できてもお迎えやら親同士の付き合いが大変らしいから、我が家では小学校受験は見送り決定。

※子供が小学校に上がるまでの保育料試算(最長期間で計算)
 1歳~3歳未満(2年間) 41,000円×24ヶ月=984,000円
 3歳(1年間) 25,500円×12ヶ月=306,000円
 4歳~6歳(2年間) 21,000円×24ヶ月=504,000円
 保育料合計 1,794,000円

※子供0歳時加入、17歳満期の学資保険料。契約者33歳。(ソニー生命HP参考)
 満期金100万円 年払保険料53,600円×17年=911,200円(返戻率109.7%)
 満期金200万円 年払保険料107,200円×17年=1,822,400円(返戻率109.7%)
 満期金300万円 年払保険料160,800円×17年=2,733,600円(返戻率109.7%)

[第1子:1歳]
夫(33歳) 手取り27万円
妻(31歳) 手取り13万円
児童手当(1歳)  1.5万円
(収入合計 41.5万円)

住宅賃料 10万円
駐車場代 2万円
食費    5万円
保育園料  4.1万円
おむつ代  1万円
雑費    2万円
電気・ガス 1.5万円
水道    0.6万円
通信費   2万円
車両費   3万円
小遣い(夫) 3万円
小遣い(妻) 2万円
生命保険料 2万円
学資保険料(満期200万) 1万円
貯金   2.3万円
(支出合計41.5万円)

貯金額 50万円

資金計画の狂いはじめ… 第2子誕生


2年後。第1子がスクスク育ち年少クラスになる頃、予定通りなのか想定外なのか。。。第2子が誕生した。気持よく取得させてくれる勤務先に感謝しつつ、妻はまたも産休・育休を取得することに…
ボクの給料も僅かながら増えているし、妻の産休・育休手当で補てんはできる。しかも、第1子が年少クラスになったことで保育料が安くなった。金銭面では生活はなんとかなるだろう… あとは、ボクが仕事でなんとか融通を利かせて妻を助けてやらないといけない。とりあえず、将来の学費のために第1子と同じ満期金200万円の学資保険へは加入しておいた。

[第1子:3歳、第2子:0歳]
夫(35歳) 手取り28万円
妻(33歳) 手取り10万円
児童手当(3歳)  1万円
児童手当(0歳)  1.5万円
(収入合計 40.5万円)

住宅賃料 10万円
駐車場代 2万円
食費    5万円
保育園料  2.4万円
おむつ代  1万円
雑費    2万円
電気・ガス 1.5万円
水道    0.6万円
通信費   2万円
車両費   3万円
小遣い(夫) 3万円
小遣い(妻) 2万円
生命保険料 2万円
学資保険料(満期200万×2) 2万円
貯金    2万円
(支出合計40.5万円)

貯金額 100万円

なぜか貯金ができない… 第1子小学校入学


3年後。第1子は保育園を卒園し、第2子は保育園の年少クラスになった。
先日の卒園式はかなり泣けてしまった…親がいなければ何もできなかった我が子が立派に育っていた。嬉しすぎる。。。 そして、今週は子供も親も期待で胸を膨らませている小学校入学式!引越したばかりの広くなった我が家に置いてあるピカピカのランドセルがそんな状況を実感させてくれる。

あれから3年が経ちボクも38歳。手取りは30万。妻も無事復職して手取りで18万円くらい稼いでくれるから世帯所得では48万円。生活は苦しさを感じることなく過ごせているが、一つ問題なのが貯金が毎年30万円程度しかできていないこと。お金が貯まっていく実感がまったくない…
子供にかかるお金は第1子には“給食費”と“教材費”で毎月5,000円程度。第2子は年少クラスで保育料24,000円。子供2人とも喘息持ちなので揃ってスイミングへ通わせることにした。安くはないけど、身体を鍛えてあげることも将来的には必要だと思っている。
元気な子供達でご飯はたくさん食べるし、妻の要望もあり週末は出かけることが多くなった。

[第1子:6歳、第2子:3歳]
夫(38歳) 手取り30万円
妻(36歳) 手取り18万円
児童手当(6歳)  1万円
児童手当(3歳)  1万円
(収入合計 50万円)

住宅賃料 12万円
駐車場代 2万円
食費    6万円
小学校  0.5万円
保育園料  2.4万円
スイミング 2.1万円
雑費    3万円
電気・ガス 2万円
水道    1万円
通信費   2万円
車両費   3万円
小遣い(夫) 4万円
小遣い(妻) 2万円
生命保険料 2万円
学資保険料 2万円
貯金    2万円
(支出合計50万円)

貯金額 200万円

中編へつづく



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ