70971df0290e57c63e5d915e3d58d0a9_s

こんにちは、☆のっち☆です。
突然ですが、みなさんは“持ち家派”ですか?それとも“賃貸派”ですか?
人生における三大支出は「住居費」「子供の教育費」「老後資金」と言われています。今回はその「住居費」について共働き家庭ではどちらがお得なのかを2回に渡って書かせていただきたいと思います。

住居費ってどのくらいかかるの??


“衣・食・住”は人間生きていくうえで欠かせないものですが、その中の「住」に関しては前述したように「人生における三大支出」に含まれるほど、影響力の大きなカテゴリーになっています。では、実際にどれくらいの費用が必要なのか“賃貸に住む場合”で試算してみます。

《賃貸の場合》
 家賃:
10万円×12ヶ月=120万円/年×50年=6,000万円
 更新料:
20万円×25回=500万円

すご~くザックリですが『6,500万円』です。家賃の変動や家具交換などの費用は勘案していませんが、30歳から80歳までの50年間を家賃10万円の賃貸に住んで人生を全うした場合、上記試算では50年間で6,500万円が必要になります。結構な金額ですよね…

今度は同じ50年間で“家を購入した場合”を考えてみましょう。

《持ち家の場合》
住宅ローン:
10万円×12ヶ月=120万円/年×35年=4,200万円
修繕費(50年):1,500万円
 [内訳]
 外壁・屋根→100万円×5回=500万円
 水回り・防蟻→100万円×3回=300万円
 他リフォーム→200万円+500万円=700万円
固定資産税:10万円×50年=500万円

こちらも超ザックリとやらせていただきましたが『6,200万円』です。条件は賃貸の場合とと同じく住宅ローンの支払いを毎月10万円(ボーナス払いなし)で家具代は含んでいません。大体ですが、毎月10万円の35年住宅ローンは3,000万円を借り入れたイメージになります。

この試算では“賃貸”と“持ち家”では300万円しか変わらないという結果になりました。

持ち家派 vs 賃貸派

前の試算でも「持ち家と賃貸はどっちが得なのか?」に明確な答えが出せませんでした。
しかし、6,000万円以上のお金を消費することが分かれば、慎重にならざるを得ないですね。なので、お金の面だけでなく色々な良い点と悪い点を比較してみようと思います。

[賃貸]
良い点:
生活環境に合わせて住まいを変えられる
家賃以外は住宅にかかる費用がない
地域の活動から逃げることもあり? などなど

悪い点:
資産として残らない
建具や設備がチープで壁も薄い
更新料が必要
景気が良くなると家賃の値上げがある
駐車場は別料金が多い などなど

[持ち家]
良い点:
不動産資産の所有
生活環境に合わせて自由にリフォームできる
カースペースがある場合、駐車場代がかからない
建具や設備が充実している などなど

悪い点:
簡単に住まいを変えられない
補修、修繕は自己責任
固定資産税が毎年徴収される
町内会など地域の役割がある
エアコン、トイレや設備など買い替えは自己負担 などなど


いかがでしょうか。
私が感じることを勝手に分類させていただきましたが、住むためにかかる費用とタイプ別良し悪しを比較しても、どちらにも捨てがたいメリットがありますよね。このように明確な結論を出すことができないために「持ち家派 vs 賃貸派」というテーマが雑誌などで定期的に取り上げられるんですね。
では、次回『老後勝ち組になる!共働き家計の住居費対策』では“共働き”という切り口を加えてどちらが得なのかを考えてみたいと思います。


 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ