財布 キャッシュカード クレジットカード 運転免許証 利用停止



こんにちは☆のっち☆です。
突然ですが、あなたは財布を無くしたことがありますか?実は先日、会社の同僚が財布を無くしてしまったんです。無くしたことに気がついた時に私も一緒にいたんですが、あの落胆ぶりには声の掛けようがありませんでした。楽しく遊んでいたのに、無くしてからはそれまでに寄った店すべてに確認しに行ったり、警察へ行ったり… 話しかけてもすごく無理した表情で明るく振る舞うからこちらもテンションが上りませんよね。
今回はそんな絶対に避けたい“財布を無くす”という事態が万が一にも起きてしまったときの対処方法を紹介します。ぜひ「その時」に備えてブックマークしておいてくださいね!

まずは落ち着いてお財布の記憶を辿りましょう


「財布がない!」って思うと一瞬何が起きたのか分からなくなるくらい動揺してしまうものです。「あれ!?今日持ってきてなかったんだっけ?」みたいに無くした事実を受け入れたくないあまりに、そんなあり得ない思考にもなってしまうものですよね。実際、私の同僚も「私、財布を家に忘れてきちゃったかも~」って言ってましたし…

そんな軽いパニック状態になってしまっていては思い出せることも思い出せませんので、まずは気持ちを落ち着かせることが重要です。「ふ~」と深呼吸をしてパニックになっている自分を認識して、「落ち着け、落ち着け」と念じましょう。ある程度落ち着いて来たらゆっくりと記憶を辿っていきましょう。

まず思い出さなければいけないことは『最後に財布を使った・見た時』です。それまでは間違いなく持っていたわけですからね。ゆっくり落ち着いて思い出しましょうね。

紛失確定したら財布の中身を正確に思い出しましょう


そんな記憶を辿って探しても見つからない場合は“しばらくは出てこない”と覚悟するしかありません。探すことに時間をかけ過ぎて被害が拡大することも考えられますから、ある程度探したら財布に入っていた現金以外のものをリストアップしていきましょう。

クレジットカード、キャッシュカード、健康保険証、診察券、ポイントカード、セキュリティカードなど場合によっては現金以上に危険なものを所持しているものですよね。特に、クレジットカードやキャッシュカードといったほぼ現金同等のものは要注意です。無くしたらすぐに利用停止の手続きをする必要があります。

危険度レベル順に連絡を!


財布に入れているもので犯罪に悪用される危険があるものは一刻も早く利用停止が必要ですが、連絡先をいちいち調べていたら大変ですよね。ということで、以下に主要な金融機関の連絡先をまとめてみました。ぜひ活用ください!

みずほ銀行0120-415-415
(03-5500-3737)
三菱東京UFJ銀行0120-544-565
(03-5637-0875)
三井住友銀行0120-956-999
(03-6847-0298)
りそな銀行0120-301-343
(048-826-0311)
新生銀行0120-456-007
三井住友VISAカード0120-919-456
(06-6445-3530)
セゾンカード0120-107-242
(0570-064-107)
MUFGカード0120-107-542
ニコスカード0120-159-674
アメリカン・エキスプレス
カード
0120-020-120
(03-3220-6100)
イオンカード0570-079-110
(043-331-0100)
JCBカード0120-794-082
楽天カード0120-866-910
(092-474-9256)
VIEWカード03-6685-4800
エポスカード03-5340-3333
オリコカード0120-828-013
(0570-080-848)
アプラスカード03-5819-5870
または0570-008-789
(時間外0120-222-548)

※2017年1月現在


いかがでしたでしょうか。
できることであれば決して起きてほしくない災難ですが、私達、人がすることですから、いつどこで何が起こるか分かりません。そんな事態が起きてしまったときは冷静な対応をしたいものですね。何よりも財布を無くさないようにしっかりと用心しましょうね!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ