副業 サラリーマン 株式 FX ブログ アフィリエイト



こんにちは☆のっち☆です。
サラリーマンのみなさんは年々、給料の手取り額が減って困っていたりしませんか?何を隠そうわが家においてもそんな状態に近年悩まれているんですよね。それは給料がほぼ横ばいで社会保険料の料率が上がっていたり、介護保険を徴収される40歳になってしまったり… 手取り額を減らす要因はたくさんあるんです。
どんなに本業を頑張っても手取りが下がっていくばかり、そんな中ちょっと考えてしまうのが「副業」ですよね。今回は副業解禁企業が増えつつある中でサラリーマンをしながら副業で稼ぐにはどんな副業がいいのかを考えてみました。

“副業”するとどのくらい稼げる!?


“副業”と言えば「リアルなバイト」「ポイントサイト」「株式・FX」「アフィリエイト」「オークション」など、本業の空いた時間を利用してバイトしたり、株式やFXに投資して儲けたり、与沢翼氏で一躍有名になったアフィリエイトで稼いだりといろいろな稼ぎ方がありますよね。以前、夫がつぶやいていたサラリーマン大家として不動産投資をすることも紛れもなく副業です。つまり本業の傍らもう一つの収入源を作ろうとすることが“副業”ということですよね。

そんな副業ですが、毎月5万円を稼ぐことができればすごく余裕ができると思いませんか?だって、今までなかった5万円が貰えるわけですから「あんなこともできる、こんなこともできる」って夢が膨らんでしまうわけですね。時給1000円のリアルバイトなら毎月50時間、週12時間程度働けば達成できますが、本業が大変な中でなかなかそんな時間を割くことは難しいですよね。かといって、投資で毎月5万円を稼ぐこともなかなか厳しいものです。実際にどのくらい副業で稼げるものなんでしょうか。

「ブログ運営」で毎月100万円!


副業の中でも私達と同じようにブログ運営をしている人が利用しているのが「アフィリエイト」です。ブログやサイトを立ち上げてそのページ内に広告を貼り付け、成果が上がると報奨金が貰えます。ブログやサイト以外でもYouTubeに動画を投稿してそこに広告を貼り付けることで収入を得ることもできます。最近ではピコ太郎の『PPAP』なんて相当稼いだことでしょうね。

実際にブログ運営をして毎月100万円ものお金を稼いでいる人もいます。SEO対策を駆使しアクセス数を稼ぎ、Google AdSenseを始めとする広告で収益化します。もうすごいですよね。このレベルになると本業と副業が逆転してしまっているんじゃないかと思います。

副業は個人事業として申告する必要がある


そんなサラリーマン副業ですが、サラリーマンという“本業“と何かしらの“副業“をしていた場合、副業の事業所得が20万円を超えると確定申告で申告する必要があります。年間20万円ですから毎月17000円くらい経費を差し引いて利益が出てしまうと申告の義務があるということですね。

しかも、この副業の利益に対する税金が意外と高いんですよ。これが感覚的には「所得税20%、住民税10%」って感じです。ただ、正確には以下のような本業と合わせた所得額で所得税が計算されて、さらに住民税は10%定額という計算になります。


課税される所得金額税率速算控除額
195万円以下
5%
0円
195万円超330万円以下
10%
97500円
330万円超695万円以下
20%
427500円
695万円超900万円以下
23%
636000円
900万円超1800万円以下
33%
1536000円
1800万円超
40%
2796000円



例えば、毎月100万円を副業で稼ぐ人で年間200万円を経費計上できたとして、1000万円は所得として申告しなければなりません。とすると、本業(課税所得450万円)と合わせると所得税率は33%になります。本業は給与から控除されているとして、副業分は330万円を別で収めなくてはいけません。さらに住民税で10%の100万円。1000万円を稼いでも430万円は税金で持っていかれ、残りの570万円(月50万円弱)が収入ということになります。
さらにこの税金の怖いところは“翌年に払う”ということ。つまり、個人事業は1月~12月の期間で集計して翌年3月に申告します。そして、4月~6月にかけて税金の請求がきますので、稼ぎが好調だった年の翌年の納税額をその年にしっかり取り置いておかないと多額の請求に対応できないということになります。稼いでいる時はイケイケになって納税のことを忘れがちになってしまいますが、準備ができていないと泡を食うことになりますから注意しましょうね。



いかがでしたか。
収入は多ければ多いほうが嬉しいものですが、稼ぎ過ぎてしまうのもなんだか割に合わない気がしてしまいますね。毎月100万円程度では起業するわけにもいきませんし、安定したサラリーマン業を投げ捨てるレベルでもないでしょうね。副業は副業、本業を優先しつつ収入を補填するような感覚でやるのがベストなんでしょうね。私も早くホドホドに稼げるようになりたいものです(笑)



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ