源泉徴収票 家計 決算 棚卸し 年間手取り額



どうも夫です。
みなさんも1年最後の給料を受け取られましたか?今月12月の給料は年末調整が加味されていて例月に比べて数万円多く振り込まれたんじゃないでしょうか。ボクもその一人でいつもより4万円くらい多く戻ってきていましたよ。いつもながら、ちょっと嬉しいですよね。
そして、そんな年内最後の給料明細に付随してくるものが『源泉徴収票』ですよね。今回はその源泉徴収票を見ながら家計の棚卸しをやってみましょうという内容です。

源泉徴収票の役割ってなに?


早速ですが、源泉徴収票を見ると『支払金額』っていう欄がありますよね。これがいわゆる『税込年収』です。友達と話していて「お前、年収どのくらいあんの??」って聞かれたら、ここの数字を言えばいいわけですね。もちろん正直に答える必要はないと思いますけどね…

まぁ今更ですが、この源泉徴収票ですが何が書かれているのかというと、税金の計算表なんですよね。だから、“源泉徴収”票なんですね。
要するに「あなたは今年いくらの年収があって、社会保険料をいくら払って、保険料もいくら払ってますね。そして、あなたが養っている家族はこれだけいるから、年収から経費として○○万円控除して、今年は○○万円の税金を貰うよ」的な書面なんですよ。知ってました??

源泉徴収票から分かる年間総手取り額


そんな税金のエビデンスのような『源泉徴収票』で、個人としては活用のしようがなさそうな書類ですが、内容としては1年分の給料をまとめてくれているので活用しない手はないですよね。

では、どうやってこの書類を活用するのかなんですが、毎月の給料は総支給額があって、そこから社会保険料と税金が引かれるわけですね。ということは、この源泉徴収票からも今年1年間の総手取り額を算出できるということですね。以下がその計算式です。


「支払金額」-(「源泉徴収税額」+「社会保険料等の税額」+「住民税(非表記)」)=年間手取り額


「住民税」については源泉徴収票には記載がないので別途調べるしかありませんが、これを計算することで、月々の生活水準が贅沢すぎていないか、はたまた年間貯蓄額が少なすぎないかをチェックすることができるんですね。

年間支出額を算出して貯蓄可能額を導いてみよう


年間手取り額が把握できたら、次は年間支出額を算出してみましょう。まぁ、これは簡単。毎月支出している実数をまとめるだけです。例えば、毎月20万円で生活しているなら×12ヶ月で240万円ですよね。その算出した支出額を手取り額から引くとあなたが今年可能だった「年間貯蓄額」というものが算出できるわけですね。

年間貯蓄可能額が分かったら、実際に貯金できた金額と見比べて今年の貯金が計画通りにできたかどうかを確認することができますね。実際にはボーナスがあったりして、それに合わせて支出もしていると思いますから覚えている限り書き出して、なるべく正確な数字で1年の振り返りをやってみましょう。

一年の締めくくり“家計の棚卸し”をしよう


ここまでくれば、もう簡単ですよね。現状の貯蓄額を調べて、浪費があったかどうか、毎月の生活費を見直すいいタイミングにもなります。リアルな手取り年収を知ることで、今まで以上に貯金ができる家計になるかもしれません。『源泉徴収票』という1年をまとめた書類が出てくるタイミングで一緒に家計の見直しや棚卸しをすることは非常に効率的な作業になります。以前の記事『1年に一度の家計決算… 貯まる人の習慣とは』でも紹介したように家計を見渡してチェックすることでより健全な家計となりますよ。



いかがでしたか。
せっかく貰える『源泉徴収票』ですから、何かの役に立てたいものですよね。あなた自身の今年の成長を数字で確認しながらも、家計のチェックにも使えると最高ですね。わが家では年間手取り額を低く見積もっていたことが判明しましたよ!



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ