貯金スキーム 貯蓄 老後資金 浪費 消費



こんにちは☆のっち☆です。
私にとってお金を使うことって本当に困らないんですよね。だって、カバン、財布、洋服、靴、時計、ジュエリー、旅行、グルメ… お金さえあれば買いたい、やりたいことの多くのことができますからね。ただ、わが家の家計担当の夫は「金って貯めるより使う方が難しいよなぁ」なんて先日つぶやいていたんです。「いやいや、簡単でしょ」って、ついついツッコんでしまったんですが、夫の真意を聞いて「へぇ~」なんて思っちゃったんでお伝えしたいと思います。

貯金スキームさえ確立できれば貯金はカンタン


貯金ってよく言われるように『貯金=収入-支出』というお金の流れの結果、家計の中にプールされていくものですよね。ファイナンシャルプランナーや節約サイトなどでは『支出=収入-貯金』という式で表現しているものもありますが、どちらにしても入ってくるお金の範囲内で生活しなくては貯金はできないということなんですよね。これ、当り前ですね。

つまり、毎月の家計収支で計画通りの貯金ができる枠組み(貯金スキームが確立さえできれば、以降はそのまま継続していれば黙ってでもお金は貯まっていくわけですね。そんな貯金スキームを確立することが大変なんですけどもね…

お金を消費するのは難しい!?


それにしても、お金を使うことが難しいってことになるのでしょうかね。夫はなにを難しいと思っているのでしょうか…


うちは10年以上前に貯金スキームが確立できたんだよ。それって、前から言っているキャッシュフロー表を作ったときなんだけど、それからはその貯金計画をクリアできるようにしてきたから計画以上の貯金ができているんだよね。しかも、この貯金計画をこの先も継続していければ60歳時には4000万円くらい貯まる見込みなんだけど、かと言ってそのお金を何に使うのかまったく見えてないから気持ち悪いんだよね。
君が欲しがっているようなすぐに買えるようなものの話ではなくて、もう少し大きな話というか…漠然としていてね。

老後資金が必要だからと貯め始めたけど、しっかり計算してみたら将来貰える年金額が今から2割くらい減額されたとしても計算上は老後破綻するようなことにはならなそうだし…かといって、大きな財産を残すほどは残らないだろうし…
貯金の意義というか、どこまで貯めればいいのかわからないというか。逆に、どのくらいのものなら買っていいのかもよく分からないし。。。人生って難しいなぁって思ってね。



おいおい、人生の話かい!
ってな感じで、その後、夫は酔いつぶれて寝落ちしていました。

お金を貯める=安心を貯めること


確かに夫の言うように、キャッシュフロー表を作って貯金スキームを確立すれば貯金はできていきますよね。ただ、そのキャッシュフロー表で計画していない出費をドンドンしてしまうと、貯金はもちろんできませんし想定外の事態にも対応できませんよね。
当り前かもしれませんが、お金を貯めるっていうことは『安心』を貯めているようなものなのかもしれません。だからこそ、そもそも貯金が少ないと不安だし、買い物をして貯金額が減ってしまうと、それまであった安心量から安心を消費してしまうので不安になってしまうわけですね。だからこそ、今ある貯金額を減らす行為をすることには勇気が必要で難しさを感じてしまうんでしょうね。結局は「お金を何に使うのが正解なのか?」という疑問の答えは無いんだと私は思います。



いかがでしたか。
いくら年収が高くてお金に余裕ができても、時間がなくてお金を使う時間すら無ければお金の価値もありません。お金をいくら貯め込んでも使うことなく亡くなってしまったらその貯金自体は無意味になってしまいます。しっかり貯金して適度に消費することが一番幸せを感じることができるかもしれませんね。貯めるだけでなく使うこともしっかり考えていかなくちゃって思える出来事でした。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ