5c63ababa005f2545a309e26d4ca1a38_s


どうも夫です。
妻に総資産3,000万円までの道のりっていうテーマで書けと言われたので、大まかな考え方を今回は紹介しようと思います。
ちょっと長くなるので2部構成で…

ステップ1:家庭の財布は必ず一つ


夫婦で家庭の家計管理していくには、まず家計管理をする担当者一人を選任すること。我が家のように共働き家庭で最も多いのは、共に収入があるためそれぞれが負担する費目を決め、それ以外はお互い自由というやり方です。特に新婚家庭で多く、お互い自由なお金を持っていたいという考えからこのタイプへ移行するわけです。
しかし、人生における三大貯蓄時期というのは「出産前」「子供が中学生になるまで」「子供独立後、定年退職まで」と限られています。いかにそのことに気づき最も効率のよい貯蓄計画を立てて過ごせていけるかが、後の人生でお金を切らさないようにできるかに繋がるわけです。

ステップ2:毎月決まった金額で生活するクセをつける


家庭の財布を一つにすることができたら次のステップです。毎月の各費目予算を明確に立てます。
「家賃○○円、光熱費○○円、食費は○○円、雑費は○○円、通信費は○○円…」
「夫小遣い○○円、妻小遣い○○円、外食費○○円…」

各費目をリストアップしてみると毎月決まったことにしかお金を使っていないことが分かります。だから、それぞれに予算をつけて毎月その予算内で行動するだけです。
これをすることで各費目を把握する習慣がつきますが、それよりも貯蓄の天敵「使途不明金」を激減させることができます。

ステップ3:ライフプランをつくり、目標の共有化をする


家庭の財布を一つにして毎月の支出を管理することになったら、おそらく毎月決まった額の貯蓄ができるようになってきていると思います。ちなみに、貯蓄額は年収の2割を目標にするのが定説です。
そして次は家族のライフプランを立てましょう

ライフプランとは家族全員の人生設計です。
「夫 ●●歳のとき、妻 ●●歳。子供はいつ産んで、家はいつ買って、子供が高校・大学で自分たちがいくつになっていて、定年の時は子供は何歳か…」
今後、自分の家庭で起きるイベントスケジュール表のようなものです。これはネット上にフォーマットがたくさん落ちていますので「ライフプラン、キャッシュフロー表」などで検索してぜひ探してみてください。

未来が見えれば、その時に必要な金額が分かるからその額が貯まるように現在に落とし込んで目標を立てていけばいいだけですね。
すでに子供がいる家庭が初めてこのライフプランを立ててみるとゾッとするものです。だって「いついつまでに○○○万円が必要だ」と気付かされるからです。なんとなくで貯蓄してきた家庭ほど驚くはずですよ。


後編へつづく


 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ