9e78a28996f81959d3bb63126d735f02_s


どうも夫です。
人生の三大支出(住居・教育・老後)に向けてコツコツ蓄えを作っていかなくてはいけないのになかなかできない… 。今回は我が家で実践して効果のあった家計改善法をお伝えいたします。

毎月の貯金目標は手取りの20%


多くの家計サイトでも言われているように毎月の貯金額は“手取りの20%を目標”にと言われています。40万円なら8万円。50万円なら10万円。60万円なら12万円… こんな金額、貯金できていますか?
特に共働き家庭だと二人とも働きに出ているため昼食や交際費、被服費などなど支出は大きくなる傾向があります。ましてや、子供の保育園代や習い事代など考えると妻の収入の多くが消えてなくなってしまうケースもありますね。

年間の手取りが二人合わせて500万円の場合、100万円を毎年貯めていく。これを30年続けられれば3,000万円貯金することが可能です。30歳から貯金を始めても60歳には3,000万円貯まっている計算なのでなんとか達成していきたい目標ですね。

固定費を見直したら一気に改善


その貯金20%を達成するために「あと3万円が貯金できない…」とあと一歩目標額に届かない場合、もしかしたら固定費部分を見直すだけでその金額を捻出することができる場合があります。

固定費といえば、『住宅費』『保険料』『通信費』などなど毎月決まった額を支払っているものです。この固定費部分って家計に占める割合も高くて、一度見直すとそれ以降ず~っと改善される費目なんですね。具体的に改善方法を考えてみます。

●“住宅費”を改善する!

まずは“住宅費”。住宅費といっても「賃貸」と「住宅ローン」では方法が変わってきます。
賃貸の場合は、契約更新のタイミングで“家賃の値下げ交渉”や“もっと家賃の安い物件へ引っ越す”ことで改善できます。契約更新時であれば更新料もあるので引越し費用と相殺できるのではないかと思います。

引越し一括見積もり[無料]


そして、住宅ローンを組まれている場合は“借り換え”をすればOKです。例えば、3年前に金利3%で3,000万円を借り入れた住宅ローンを金利2%のものへ借り換えるだけで毎月15,000円程度の軽減ができます。この場合だと、総支払額も4,600万円 → 4,000万円に改善されるので、借り換え時に100万円程度の費用がかかったとしても500万円の得をする計算になります。

 借り換えシミュレーションは コチラ から

●“保険料”を改善する!

次に “生命保険”“医療保険”“損害保険”などの「保険料」。我が家でも年間60万円ほどの支払いをしていて負担も軽くないです。でも、保険を止めることも不安でできないという場合はその支払い方法を変えるだけで料金を抑えることができます。

保険料の支払い方法には“月払い”“半年払い”“年払い”“一時払い”というものがあって、保険料を支払うサイクルを決めることができます。保険会社から提案など受け取ると多くの場合“月払い”での提案を受けますがこれを“年払い”にするだけで結構な節約になります。

私の場合では、毎月1万円の保険を年払いに変えただけで、年間11万円になりました。
そうなんです!まとめて払うだけで年間1万円節約できたんですね。保険商品にもよりますが、12回分 → 11回分と1回分が節約できるようなイメージですね。
もし“月払い”で払っている保険料があれば“年払い”に変えましょう!

●“通信費”で改善する!

今となっては無くてはならない必須アイテムの携帯電話をはじめ、インターネット回線費など家計にとっては“通信費”の負担も大きくなってきています。ただ、この通信に関する市場は常に変化している業界なので、常に節約アンテナを張っていれば大きな軽減をすることが可能なんです。

携帯電話費用においては「docomo」「au」「SoftBank」の三大キャリアは料金形態が横並びでどこの会社を使っても一緒なので、仕方なく毎月8,000円/台ほどを支払っている方が多いのではないでしょうか。しかし、今流行りのMVNOといったサービスを利用すれば一気に通信費を下げることが可能なんですね。我が家はこれで2台で15,662円 → 3,460円へ改善することができました。

MVNOってなに?って感じかもしれませんが、最近よく見かけるマツコ・デラックスさんが小さなsimカードをもって宣伝しているヤツです。
あと、ネット回線についても携帯電話のテザリング機能を利用すれば毎月定額の3,000円~5,000円の費用を丸々削減することも可能ですね。



いかがですか。
目標の貯蓄額まであと数万円というご家庭なら「固定費」を見直すだけで十分達成可能な状態へ進化することができます。月々の節約を武器にこれから襲いかかる教育費・老後資金に立ち向かいましょう!



 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ