bf7203f884c786156537d5e5e6687b30_s


どうも夫です。
マネープランって大層なものは作ってないけど「家計は赤字じゃないから大丈夫でしょ」「年間100万円は貯金できてるからOKじゃない」って思われているご家庭もあるのではないのではないでしょうか。 今回は“マネープランの必要性”についてお伝えしようと思います。

マネープランの必要性


早速ですが、あなたの家計は黒字ですか?もし黒字だったらマネープランは不要なのでしょうか?
…そんなことないですよね。今、毎年100万円貯金できているけどもマネープランをしっかり作ってそれを拠り所として過ごせば、もしかしたら年間200万円貯金できる家計だったとしたら、その家庭は毎年100万円を浪費していることとなります。マネープランというものはただ単に貯金するための計画表ではなく、家庭全体を見渡しライフイベントもしっかり把握していく、その家庭での人生設計そのものになります。
限られた収入を無駄に浪費せず、一つ一つのライフイベントを乗り越えていくための計画書です。先の見えない道をず~っと歩いてその都度やりくりするよりも、ある程度の予測を立てながら進んでいける方が、同じ苦労でも何倍も楽に乗り越えていけるものです。

なので、“マネープラン”はどの家庭においても必ず必要なものだと思っています。

マネープランは“ライフイベント”を中心に


しっかり貯金できているあなたも渋々マネープランを作成することにしたとします。しかし、何をどう作ればいいのか分からず、ネットから拾ってきたキャッシュフロー表を作ることになります。でも表を作っただけでは何がなんなのかさっぱりですよね!
そうです。「ライフイベント」を正確に落とし込まなければまったくの絵に描いた餅になります。「ライフイベント」の正確さがそのキャッシュフロー表の有用性に直結するんです。

例えば、「子供は●●歳だから何年後には受験だな」と目に見えているイベントから始まり、もし子供がいなければ「いついつまでに生まれて…」とか、結婚していなければ「いついつまでに結婚するぞ!」とか、独身であれば「いついつまでに昇進したとして…」とか自分の目標を目に見えるように落とすこともとても有効です。
というのも、ボク自身、作ったキャッシュフロー表に根拠もなく書いた昇格タイミングで、現実もしっかり昇格しましたので、自分自身への目標設定という効果もあるわけです。
ぜひあなたも、落とし込んだ「ライフイベント」をベースにキャッシュフロー表を完成させてみましょう!

見直しは“随時”、1年単位の更新は必ずやる


一度作ったとしても、思ったとおりに進まないのが“人生”。作った計画から何か「変更」があったときはその都度修正をかけます。変更が発生するものといえば「結婚するつもりができなかった…」「子供はまだいらない」「転職した」「思わず家を買ってしまった」「新しく保険に加入した」「自動車を買い替えた」などなど。。。
各家庭においていろいろな予想外の出来事が毎日起きていくと思いますので“変更があったときはすぐに修正する”ことを心掛けましょう。

そして、1年で必ず家計の“締め”を行うこと。期間は「4-3月」でも「1-12月」でも、あなたの一番やりやすいタイミングで構いません。大切なことは毎年必ず“締め”を行い、そして“見直す”こと。これさえやっていれば将来、家庭に起こるお金危機を事前に察知することができます。そして、危機を察知したら一日も早く対策を打つことができるわけです。

その“キャッシュフロー表”があなたのご家庭の『羅針盤』に必ずなります。怠らず、楽しみながらあなたの家庭の未来予想図を描いていきましょう。


 クリックで応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ