スーパー ネットスーパー オイシックス 食費 貯金



こんにちは☆のっち☆です。
将来の貯蓄のために日々の生活費を節約して貯金に励んでいる私たちですが、普通に生活していると「節約なんてできない!」と思ってしまうことってありますよね。今回はそんな節約の邪魔をする一つの要因をお伝えさせていただきます。もしかしたら、あなたもこれにハマってしまっているのかもしれませんよ。

食材はどこで購入していますか?


以前の記事『店側の気持ちを読み取る!買い物の極意』でもお伝えしたように、スーパーという小売店にはお金を消費させるためのトラップがたくさん仕掛けられています。もちろんスーパーもお客さんを騙して無理やり買わせようとしているわけではなく「今日はこんなに良い食材が入荷しましたよ!」とか「この食材は今が旬で美味しいですよ!」なんていうものをお客さんに良かれと思って大々的にアピールするわけです。

ところが、購入する側の私たち消費者はムダなお買い物をしないようにと、事前に買うものをピックアップしてそれ以外のものを買わないようにしてからスーパーに行くわけですよね。メモ書きを持っていったり頭に叩き込んだり…。そうでもしないとそれ以外のものが視界に飛び込んできて、ついついカゴに入れてしまうことがありますからね。

それだけスーパーという素晴らしい食材店には誘惑がたくさんあるということです。

私はいつもネットスーパー


こちらも以前『家計改善の第一歩。ネットスーパー“オイシックス”活用のすゝめ』で書きましたが、私はいつもネットスーパーを利用しています。というのも、ネットスーパーだと“買いすぎ”や“ついで買い”といった浪費が最小限に抑えられるからなんですね。

わが家の食費予算は毎月4万円なので1週間にすると1万円の計算になりますが、ネットスーパーでは全額を購入しません。目安にしている金額は毎週5000円、1ヶ月で2万円というラインで考えています。つまり、ネットスーパーで食費予算の半分で抑えるようにしているんですね。
そして、ネットスーパーでは主に、肉や魚、野菜などの食材を買います。「夫の飲み会予定」「私の仕事の予定」「子供の習い事の予定」など家族の1週間を確認しながら「月曜はこれ作ろう、水曜は〇〇」なんて考えながら使う食材を注文するようにして、作る日になって足りない食材だけをスーパーで買うようにしているんです。そうすることで極力スーパーへ行かなくて済むし、買う食材も明確なので結果として節約につながっているんですね。

お盆や年末年始はとても危険!


ネットスーパーを駆使してなんとか食費を抑えているわが家ですが、そんな節約術が使えない時期もあるんです。そう、“お盆”や“年末年始”です。

さすがのネットスーパーもサービスによってはこの時期は配達自体がお休みになってしまったり、仕入れの関係で販売アイテムが減ってしまったりといつもとは違う環境になってしまうんですよね。わが家でいま利用しているネットスーパーもお盆の週は配達がお休みになってしまうので、そんなときはスーパーをどうしても利用せざるを得なくなってしまうんです。

そして、スーパーで食材を買うことに慣れていない私なんかが何も考えなしにふらっとスーパーへ行ってしまったら完全にカモにされるわけですよね。スーパーに入る前は「豚肉と野菜を買おう」と考えて入店しても、横にいる夫や子供が「おっ!これ美味しそう」「桃、食べたい」なんて言うので「じゃあ、買えば…」っていうことなって1000円くらいで済ませるつもりが、レジを通してみると2000円くらいになっていたりするわけです。ついでに夫のアルコールまで買わされたりするので一気に食費予算が圧迫されちゃうんですよね。

それだけスーパーというお店が節約の敵だということなんです。食費を節約するには何よりもスーパーに行かないということが一番の方法だと私は確信しています。



いかがでしたでしょうか。
食費の予算を守れなくて毎月の貯金ができていないご家庭は多いのではないでしょうか。家族が多ければそれだけ食費も多くかかりますし、この食費を節約しすぎてしまうと一番切なくなる費目でもありますから、予算通りに抑えることが難しいんですよね。でも実は、実店舗のスーパーへ毎日買い物に行ってしまっていることが原因かもしれません。
ネットスーパーを利用してもいいし、スーパーに行く回数を減らしてみるのも効果的かもしれませんね。



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ