メンター 結婚資金 キャッシュフロー表



こんにちは☆のっち☆です。
今回のお話は夫の後輩N君の話をさせていただこうと思います。
N君は夫の4つ歳下。当時は32歳で年収450万円だった彼の結婚、子育て、マイホーム購入に至るまでのお話です。N君が一家の主として成長していく様子をご覧ください。

夫の飲み友達だったN君


夫の後輩N君は夫の大切な飲み友達でした。1ヶ月に一度は飲んでいたのではないでしょうか… 私が夫にN君とはどんな話をするのと聞いても、夫は「ん?お金の話だよ」って言うんです。普通、男二人が飲んで話すことに“お金”っていう切り口はあるんでしょうかね。
後に聞いた話ですが、夫はN君に「結婚したら家計は握れ!」とか「子作りは早めがいいぞ!」とか「生活が安定したら、なる早で家を買え!」とか、偉そうに指導していたそうです。それをN君も「うんうん。」と真面目に聞いていたそうです。

驚きなのが、N君の結婚祝いにご祝儀とは別に「これはお前の人生の役に立つから」とわが家で使っている“キャッシュフロー表”をあげたそうです。後日談でそれを聞いて私は恥ずかしくなってしまいましたが、N君はとても喜んでいたそうです。

N君の結婚式


N君の結婚式は都内の有名ホテルで開かれました。夫は当時の仕事の関係で出席できず、なのにコト細かく結婚式の内容を知っていました。どうもN君は結婚式の資金繰り、新居の準備、夫婦間でのお金の管理方法など、すべてを夫に相談していたそうなんです。

N君の結婚式ですが、総額で300万円。招待者数は60名。一人5万円の結構リッチな結婚式でしたが、その資金繰りは夫が指南していたそうです。どうも結婚資金がショートしそうになったN君が夫に相談したようです。。。
夫がまずしたのは、N君に貯金はいくらあるかヒアリング。N君から200万円と聞くと、残り100万円が足りないくらいはどうってことないとクレジットカード決済をすると式場へ話をするように指示したそうです。

確かにクレジットカードで決済すれば、実際にお金を払うのは約1ヶ月後になります。結婚式当日にご祝儀で60名×2万円を頂戴したとしても120万円ですから、支払いに困ることはありませんね。夫はN君から支払いが無事に終わったことと、300万円分のポイントがついて夫婦で楽しめたことを報告受けたそうです。

私と夫の結婚式もクレジットカードで支払いました。当時は今みたいに高還元のクレジットカードなんてありませんでしたが、0.5%程度の還元がありましたから300万円なら15,000円分の還元です。それでJCBギフトカードを貰って家具を買った覚えがあります。

夫婦の財布をどちらが握るかが最初の勝負


夫は結婚したばかりのN君にしつこく伝えていたことがあるそうです。それは「結婚初期に家庭の財布を握れ」だそうです。わが家では夫が自分から握ってきたのではなく、私がお金にダラしなかったので私から夫に財布を任せたような形ですが、夫は共働きで二つあるわが家の財布を一つにまとめられたことが現在における成功の秘訣だと実感しているようです。

確かにそうですね。結婚当初に私もそれなりにお金管理をしていたならば、夫に管理されるのを拒み、夫婦別財布の典型的な失敗する共働き家計になっていたかもしれません。収入は一つにまとめることが家計管理の大原則。それを夫はN君にしつこく伝えていたのでしょうね。


--------------

結婚するときから夫に指南を仰いでいたN君。私からすると末恐ろしい危機感を持った青年です。そんな彼がこの後、子供の出産・子育て、さらにはマイホーム購入まで突き進みます。年収450万円のN君が立派な一家の主になるまでのサクセスストーリーは後編に続きます。



後編につづく



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ