貯蓄 節約 固定費 家計管理 食費 浪費 消費



どうも夫です。
ある原因を見つけることで貯蓄や節約が一気にスピードアップができるようになれるなら、みなさんその方法を知りたくないですか?
しかも、その方法がすごく簡単なことだとしたら驚きませんか?
今回は貯蓄や節約ができる体質になってもらえるように「ここがポイント!」的なことを書かせてもらいますね。

貯蓄や節約ができない理由


まずはじめに“貯蓄”というものは収入よりも支出を抑えなければできないですよね。毎月手取り20万円の人が25万円使っていたらお金は貯まるはずがありません。
そして“節約”ですが、ムダな消費を無くしてお金を温存することなので浪費”をいかにして無くすかというところがポイントになります。

こういった“貯蓄”や“節約”のポイントをしっかり理解していないと、どんなに収入が増えても一切手元には残らない体質になってしまうんです。給料が上がってもそれに合わせて生活水準も上げてしまっていたら貯蓄なんてできませんが、逆に、給料が上がっても生活水準はそれまでのものを維持することができれば、何も苦労せずにお金は貯まっていきます。

つまり、“貯蓄”をというものは自分自身のお金の流れを把握さえできればとても簡単なことですし、“節約”ができないというのはそのお金の流れを把握できていないために自制ができていない状態なんですね。

あなたのお金を把握しよう!


前述や今までも何度かお伝えしていますが、お金を貯めるためにはあなた自身のお金を把握することから始めます。

まずは収入ですが、収入といっても実際に使えるお金になるので“手取り額”で考えます。そして、その手取り収入から生活に欠かせない「住居費」や「水道光熱費」「通信費」などの固定費を引いていきます。次にある程度コントロールできる「食費」「雑費」を予算立てして、最後に「お小遣い」や「交際費」を引けばあなた自身の生活が黒字家計なのか赤字家計なのかはすぐに分かりますよね。

お金の流れを把握できたら家計の見直しをします。見直しには順番がありますから、闇雲に節約すればいいわけではありませんよね。まずは“固定費”を改善、そして家計に占める割合の高い費目の“食費”や“小遣い”などを改善します。

最初に家計を把握した時点で黒字家計だと安心してしまう人が多いのですが、赤字家計と同じように見直していくことで貯蓄スピードをあげることができますよ。

節約は“欲望との戦い”


固定費を改善することってとても簡単ですよね。だって、住居費を節約するなら「住宅ローンを借り換え」や「安い家賃の物件に引っ越す」などができればすぐに改善できますが、一番厄介なのが食費や小遣いなどの消費を節約することです。
何故なら、この食費や小遣いを節約するには自分の欲望との戦いになるからです。欲望との戦いというものは欲しいものを我慢するとても辛いものなので、禁煙やダイエットと同様の苦労が必要だということになります。

ただ、それだけ辛そうな節約ですが、普段の生活なかで“浪費”を見つけてあげればそれほど苦労しなくても改善できてしまうものかもしれませんよね。「毎朝当たり前のように缶コーヒーを飲んでいる」「ランチはいつも大盛りにしてしまう」…。これらはボクの実際の浪費でした。慣れてしまえばコーヒーは無くても平気ですし、ランチも普通盛りで十分満腹になれます。
こういった生活の中でのムダを見つけることができれば家計改善に勢いがつくんです。まずはいつもルーチンになっている消費を振り返って「これは本当に必要なのか?」と自問自答をしてみましょう。「別に無くてもいいかな…」なんて思えるものがあったらそれは確実に“浪費”です。生活の中に“浪費”はたくさん隠れていますから、一つ一つ見つけて無くしてしまいましょう!



いかがですか。
貯蓄だったり節約だったりと想像するだけでもゾッとしてしまう人も多いかもしれませんが、冷静になって考えてみればそれほど難しいものではありません。ましてや、禁煙やダイエットに比べてしまえばとても初歩的な欲望との戦いです。ムダを見つけて、そこにお金を使わないようにするだけ。それをやって浮いたお金を貯めていけばいいだけです。とても簡単だと思いませんか?



 クリックで応援お願いします!
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ